【再掲】大島堅一氏と朝日新聞と河野太郎氏の知らないサンクコスト

2014年10月17日 13:06

キャプチャ朝日新聞が「原発コストは火力より割高に」という記事で、右の表のような大島堅一氏の「試算」を紹介して「政府は原発を再稼働する方針だが、コストが安いという理屈は崩れつつある」とコメントしている。大島氏がサンクコストを知らないことは、前から何度も警告しているが、この小森敦司という編集委員の頭も大丈夫か。


彼らの計算のもとになっている内閣府のコスト等検証委員会の計算式は、次のようになっている。

(資本費+運転維持費+核燃料サイクル費用+燃料費+事故リスク対応費用+政策経費)/発電電力量

このうち資本費(2.5円/kWh)はすでにかかったサンクコストなので、再稼動とは無関係だ。政策経費(1.1 円)のほとんどは運転してもしなくてもかかる固定費(今もかかっている)、核燃料サイクル費用(1.4円)のほとんどもサンクコストで、再稼動で発生するコスト増は、kWh単価ではほぼゼロだ。

運転によって増えるのは、燃料費(1.4円)と運転維持費(3.1円)と事故リスク対応費用(0.5円)だ。大島氏らは、このうち事故リスク対応費用を5.8兆円から11.1兆円に倍増したらしいが、それによってkWh単価は0.5円増える。つまり今までの試算で4.5円だったkWh当りの変動費が4.9円になる。これは石炭火力(6.9円以上)やLNG火力(10円以上)よりはるかに安い。

つまり再稼動で増える変動費は原発が圧倒的に安いのだ。原発は建設費などの固定費が大きいが、それはすでに支出されたサンクコストだ。コスト等検証委員会の計算したのは、これから原発を建設するコストであり、再稼動の是非とは関係ない。こんなナンセンスな論文を載せる「専門誌」があるというのも驚きだ。日本の学会ではpeer reviewは機能していないのか。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
池田 信夫
アゴラ研究所所長 青山学院大学非常勤講師 学術博士(慶應義塾大学)

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑