【シンポジウム】災害のリスク 東日本大震災に何を学ぶか

2014年10月01日 20:23

(第1セッション)

(第2セッション)

2014年9月27日常葉大学静岡キャンパス水落校舎にて開催したシンポジウムの全編を公開しました。

東海地震のリスクが警告されている静岡を会場に、失敗学で著名な畑村洋太郎氏の基調講演をはじめ、災害に向き合う際のリスクを様々な分野の専門家が討論します。

~第1セッション~
【基調講演】
「東日本大震災が教えるもの」
畑村洋太郎(東京大学名誉教授 元政府福島原子力発電所事故調査・検証委員会委員長)

【討論】
「東海地震のリスクをどう考えるか」
畑村洋太郎(東京大学名誉教授)
池田浩敬(常葉大学教授社会環境学部長)
後藤大輔(鈴与 危機管理室室長)
西澤真理子(リテラジャパン代表リスクコミュニケーションコンサルタント)
司会:池田信夫(アゴラ研究所所長)
(敬称略)

~第2セッション~
【基調講演】
「脆弱なエネルギー安全保障をどう克服するか」
小川和久(静岡県立大学特任教授 特定非営利活動法人・国際変動研究所理事長 軍事アナリスト)

【討論】
「エネルギーの選択と環境問題におけるリスクを考える」
小川和久(静岡県立大学特任教授)
澤昭裕(21世紀政策研究所・研究主幹/国際環境経済研究所所長)
佐々木敏春(中部電力静岡支店副支店長)
山本隆三(常葉大学教授)
司会:池田信夫(アゴラ研究所所長)
(敬称略)

You Tube「アゴラチャンネル」のチャンネル登録をお願いします。
チャンネル登録すると、最新のアゴラチャンネルの投稿をいち早くチェック出来ます。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑