本田圭佑チーム批判とマーケティング心理学

2015年10月08日 19:33

心理学の視点からサッカー(footboll)ニュースを観ると、まさに組織,マーケティング,そしてキャリアの心理学の最強テキストです。
もちろん、最良テキストではありません。絶対にやってはいけない最悪テキストも満載ですが、いずれにしても最強テキストとして使える教材であることは間違いないでしょう。

本田圭佑選手のチーム批判は正論?
さて、サッカー界ではAC.ミラン(セリエA:イタリア)の本田圭佑選手がチームの経営陣や監督を批判したと話題になっています。日本では「正論」や「正義」と報じられていますが、イタリアではチームが規律違反で罰金を科すと報じられています。
sports_006a_web4

http://freesozais.com/wp-content/uploads/downloads/thumbnails/2013/06/sports_006a_web4.jpg

結論から言えば、イタリアの報道がまさに「正論」でしょう。外部に対して自分の組織を中傷する行為は組織の崩壊を招きます。本田選手を高く評価している元日本代表監督のザッケローニ氏もこの点は批判しています。

しかし、批判の中身はまさに機能しない組織の核心をついています。こういう組織に身をおいて苛立ちを募らせた経験のある方なら、おもわず「あるある!」と言いたくなることでしょう。本田選手の批判には機能しない組織再建のヒントもありますので、心理学的に考えてみましょう。

本田選手の5つの主張
私なりのまとめですが本田選手のチーム批判は以下の5項に集約できると思います。

・監督の選手批判はナンセンス
・大金を投じて選手をかき集めても、組織構造がないからすべて無駄
・目先の勝ち負けに反応するだけのサポーターもマスコミもチームをダメにする
・この問題に誰も気付いていない
・自分を起用しないのは理解不能

私の評価ですが、下の2項目は言わなかったほうが良かったです。自分の価値を確認する意味はあったかもしれませんが、組織再建には無意味です。愚痴のようなものです。身近な誰かにこっそり語ればよかったですね。
しかし、上の3項は正論です。

リーダーシップを放棄した監督も罰金相当?
まず、監督の選手批判はあってはなりません。組織内で個々人のパフォーマンスを問うのは必要なことですが、外に対して組織の成果に全責任を持つのが監督であり、リーダーです。役割を放棄しているわけですから、本田選手に罰金を科すなら監督も規律違反で罰金相当でしょう。リーダーシップに欠ける人物にチームを任せて機能するはずがありません。

組織が機能する7つの条件
組織構造への指摘も重要です。拙著『入門!産業社会心理学(北樹出版)』から機能する組織の7つの条件をご紹介しましょう。
目的は達成すべき課題、目標は目的に至るスモールステップとして観てください。

1共通の目的を持つ
2目的と目標が一致している
3目標に向けた相互の努力の認知
4目標に向けた互助の認知
5役割分担の相互理解
6振る舞い方の一定の基準の共有
7集団自己同一視

まずは組織内に目的を共有させることが必要です。経営者、具体的にはベルルスコーニ氏とガッリアーニ氏の役割はこれです。しかし、監督が役割放棄するくらいですから、ここから機能していないのは明らかです。
監督がコロコロ変わる、問題児として放出した選手が放出先で持て余されたら再加入させる、など目的と目標の整合性もありません。そこから先の条件も崩壊しているのでしょうね。

サポーター、マスコミを誘導する話題作りを
サポーター、マスコミへの批判は、うまく誘導できない経営者への批判として展開していればもっと良かったでしょう。本田選手の言い方では下手をすると暴論と言われかねませんが、経営陣の話題作りマーケティング戦略はとても拙く見えます。

チームは再建中で勝てないわけですから、勝敗以外の見どころや面白さを提供しなければ批判されるのは当たり前です。例え負けても「ここを見てくれ!楽しんでくれ!」と導くマーケティングが必要なのですが、それができていない。

たとえば、チーム再建中を積極的にアピールして『凋落した名門チームの再建ドラマ』として積極的に売りだすのです。再建シナリオを公表して、シナリオ通りにすすめるかの冒険を売りにしてもいいですし、いっそシナリオ作りそのものをイベント化してサポーターやマスコミを巻き込んで話題を作るのもいいでしょう。いずれにしても、勝敗以外話題作りができていないのですから、勝てない名門チームは批判されるしかないわけです。

話題作りの極意はABXモデルで考えよう
サッカーのように「見せてなんぼ」の商売は話題作りが肝要です。ですが、経営者が導きたい話題とユーザーが注目する話題はズレやすいものです。立場が違うので当然です。この違いを乗り越えて良い話題を設定するヒントになるのが社会心理学のABXモデルです。
拙著、『読むだけで人づきあいが上手くなる(サンマーク出版)』では、豊富な実例と専門用語を使わない解説で、このモデルの使いこなし方をわかりやすく解説しています。
話題作りに苦労しているみなさん、ぜひ参考にしてみなさんのビジネスや人間関係の発展にお役立てください。

あわせて読みたい
妻に熟年離婚されて悔しい思いをしないために

どんな瞬間も人生の大切な一部です!杉山崇公式webページsugys_lab.com
公式facebookページ

【執筆者】
sugy

杉山崇
神奈川大学教授
臨床心理士、1級キャリアコンサルティング技能士
公益社団法人日本心理学会代議員
精神科、教育委員会、企業メンタルヘルス事業所などで20年余り心理職を務める。
研究者としてはうつ病の対人関係と心理療法の研究で国費助成を20年弱得ている。
「心理学でハッピーになるお手伝い」を目指して、yahooニュースなどでも「使える心理学」を配信中!

最新著書
本の写真minimini

あらゆる人間関係のお悩みを解消する心理学の決定版『読むだけで人づきあいが上手くなる』サンマーク出版
↑上手なABX運用のわかりやすい解説書。実例が豊富です。

『グズほどなぜか忙しい』ナガオカ文庫
↑自分の性能を上げたい方に…

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
杉山 崇
神奈川大学人間科学部教授

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑