映画で偲ぶデビッド・ボウイ --- 渡 まち子

2016年01月13日 06:00

2016年1月10日、歌手で俳優のデビッド・ボウイが死去しました。

もちろん本職はミュージシャン。ロック界のカリスマ的存在です。音楽評は専門外なので、ここでは映画のお話しを。

映画出演(カメオ出演やナレーション、アニメの声の出演なども含む)にも積極的で、映画の代表作としては「地球に落ちて来た男」「ジャスト・ア・ジゴロ」「ハンガー」「戦場のメリークリスマス」「最後の誘惑」などが知られています。

中でも戦メリこと「戦場のメリークリスマス」は、日本の大島渚監督の作品なので、映画好き以外にも広く知られています。

戦場のメリークリスマス [DVD]
デヴィッド・ボウイ
紀伊國屋書店
2011-10-29



美しく退廃的なルックスから、ミュージックビデオなどでは中性的な魅力にあふれているボウイ。実は俳優としてのキャリアも長い人でした。「バスキア」で演じたアンディ・ウォーホール役がハマッていましたっけ。

バスキア [DVD]
ジェフリー・ライト
ポニーキャニオン
2007-02-21



ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズは映画監督で、「月に囚われた男」や「ミッション: 8ミニッツ 」で並々ならぬ才能を見せていることも書き添えておきます。

1月8日、69歳の誕生日を迎えたばかりだったそう。死因はガンで、1年半も闘病生活を続けていたそうです。現代の高齢化社会では、69歳はまだ若い…ですよね。

ご冥福をお祈りします。合掌。


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2016年1月12日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑