アイオワを制したクルーズが、勝ち進めない理由 --- 安田 佐和子

2016年02月02日 19:30

cruzu
2月1日に開催されたアイオワ州党員集会から、予備選の火蓋が切って落とされました。

共和党の党員集会を制したのは、テッド・クルーズ米上院議員(テキサス州選出)。2013年に債務上限引き上げ・つなぎ予算交渉で米議会が膠着した折、医療保険制度改革案(オバマケア)を盛り込んだ予算審議阻止を目指したフィリバスターで全米にその名をとどろかせ、一気に米大統領選にまで立候補してきました(ちなみに、当時の数少ない賛同者にはマルコ・ルビオ議員の名前あり)。ゴリゴリの保守派でキリスト教右派の支持を一身に受け、選挙資金もテキサス州の富裕層を中心に集めてきました。

クルーズ候補、選挙資金源はお膝元のテキサス州に集中。

rubio

ルビオ候補は、東海岸や西海岸など都市部を中心に集める状況。

marco-e1454402082569
(出所:FEC)

父親がキューバ系移民であり、カナダで生まれたため暴言で知られる不動産王トランプ候補を中心に、大統領の資格を問題視されています。老けてみられますが年齢は45歳で、ベビーフェイスで女性をも魅了する同じくキューバ系移民のマルコ・ルビオ米上院議員(フロリダ州)の1つ上に過ぎません。

アイオワ州で勝利を掴んだ男は、このままニューハンプシャー州でも快進撃を続けるのでしょうか?ここでアイオワ州、2月9日に予備選を控えるニューハンプシャー州、全米の基本情報を振り返ってみましょう。

▽人口
・アイオワ州 310万7,126人
・ニューハンプシャー州 132万6,813人
・全米 3億1,885万7,056人

▽白人の割合
・アイオワ州 92.1%
・ニューハンプシャー州 94.0%
・全米 77.4%

▽大卒以上で25歳以上の割合
・アイオワ州 25.7%
・ニューハンプシャー州 33.7%
・全米 28.8%

▽65歳以上の割合
・アイオワ州 15.8%
・ニューハンプシャー州 15.9%
・全米 14.5%

▽1人当たり所得
・アイオワ州 2万7,027ドル
・ニューハンプシャー州 3万3,134ドル
・全米 2万8,155ドル

こうしてみると、アイオワ州がニューハンプシャー州及び全米と比較して1)大卒以上が少ない、2)低所得者層が多い、3)高齢層のシェアが高い――ということが分かりますね。他の州より格段に保守的であると考えられ、クルーズ候補が正式候補へ向け足固めしていくとは限りません。ニューハンプシャー州も白人の割合が大きく高齢者のシェアも高いながら、所得及び教育の水準が段違いです。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が伝えたように、2008年は元オハイオ州知事であるマイク・ハッカビー氏、2012年はリック・サントラム元上院議員(ペンシルベニア州)を選んだ土壌でもあります。

何より、2012年の米大統領選の結果をみれば保守派層が米大統領に選出される可能性は低いと言えるのではないでしょうか。当時、オバマ米大統領は選挙人538のうち332人を獲得し、共和党のロムニー候補は206人でした。

2012年、運命を分けたのは両海岸で白星を挙げられるか否か。
2012-e1454402543728
(出所:Real Clear Politics)

選挙人を270人獲得しなければならないとあって、ゴリ押しの保守派が勝利するには茨の道が広がります。勝因は、移民を含め巨大人口を抱えるカリフォルニア州やニューヨーク州などの確保にあり。小さな票田を制しても、ホワイトハウスに迎えられないというわけです。だからこそ、共和党はセンセーションを巻き起こそうがトランプ候補の躍進に苦虫を噛み潰し。クルーズ候補の勝利に冷たい視線を送っていることでしょう。

(カバー写真:Marc Nozell/Flickr)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2016年2月2日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑