マイナス金利政策の矛盾点 --- 久保田 博幸

2016年02月24日 11:40

日銀のマイナス金利政策にはいくつもの矛盾が存在している。最大の矛盾点は2013年4月に決定した量的・質的緩和の最大のポイントであったところの、大量の国債買入れによりマネタリーベースを極端に大きくしてレジームチェンジを図り、人々のインフレ期待を強めるという点にある。

マイナス金利政策とは、日銀の当座預金の超過準備にペナルティーを科す政策である。つまり、当座預金の超過準備を増やすリフレ政策とは矛盾する。しかし、この矛盾を隠すために日銀はマネタリーベースも増やす、つまり超過準備の引き上げもはかりながら、超過準備の一部にマイナス金利を課すという複雑な方式を編み出した。結局、これは何が目的で何をしたいのかが不明瞭な政策である。結果としての追加緩和で、市場への期待に働きかけたいのかもしれないが、市場もこれには戸惑うこととなろう。

さらにマイナス金利は金融機関の利ザヤ縮小となり、超過準備の付利による利子収入も減少させることとなり、収益にはマイナスの影響を与える懸念がある。また金融機関にとっては、努力して貸出を伸ばし、なるべく日銀の超過準備へのいわゆる豚積みを避けていたところほど新たな超過準備にペナルティーが科せられることになり、これも大きな矛盾点と指摘されている。

個人にとっては預金金利の引き下げなどで、預金者に負担を課す格好となる。住宅ローン金利の引き下げなどによる恩恵は多少あるかもしれないが、マイナス金利は個人にとっては決してプラスイメージとはならず、資金の運用先にも困る環境となるなど、まさにネガティブ金利となりうる。

1月29日のマイナス金利の決定はタイミングからみても年初からのリスク回避による円安株高対策に思えたが、市場はECBや日銀の追加緩和に素直に反応する地合ではなくなっいる。場合によると追加緩和の内容から、その限度が見え隠れすることで、むしろ市場にそれを見透かされて円高株安を招くなどのネガティブな反応を引き起こした可能性もある。

日銀の量的・質的緩和も今回のマイナス金利政策も壮大な社会実験のひとつなのかもしれないが、本来の目的であったはずの物価上昇は起こしていない。むしろ、金融政策で物価は動かせるものではないことを証明したような結果となっている。しかし、それにより日銀は大胆な金融緩和政策からの脱却をより難しくさせるという矛盾も抱えることとなる。

顔写真201011
久保田博幸(くぼた ひろゆき)
1958年、神奈川県生まれ。慶応義塾大学法学部卒。
証券会社の債券部で14年間、国債を中心とする債券ディーリング業務に従事する傍ら、1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。専門は日本の債券市場の分析。特に日本国債の動向や日銀の金融政策について詳しい。現在、金融アナリストとしてQUICKなどにコラムを配信している。また、「牛さん熊さんの本日の債券」というメルマガを配信中。2015年まぐまぐ大賞で資産運用部門第2位を受賞。日本アナリスト協会検定会員。

主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「聞け! 是清の警告 アベノミクスが学ぶべき「出口」の教訓」すばる舎、「短期金融市場の基本がよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

「債券ディーリングルーム」http://fp.st23.arena.ne.jp/
「牛さん熊さんブログ」 http://bullbear.exblog.jp/

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp


編集部より:この記事は、久保田博幸氏のブログ「牛さん熊さんブログ」2016年2月24日の記事を転載させていただきました。転載を快諾くだいました久保田氏に心より御礼いたします。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑