【映画評】海よりもまだ深く

2016年05月22日 06:00
海よりもまだ深く (幻冬舎文庫)
バツイチで自称作家の良太は、15年前に一度文学賞をとったものの、その後は鳴かず飛ばずで、今は探偵事務所に勤めている。元妻の響子には愛想をつかされ、息子・真悟の養育費も払えないくせに、響子に新しい恋人ができたことを知ってショックを受けている。そんな良太が頼りにしているのは団地住まいの母・淑子だった。ある日、たまたたま淑子の家に集まった良太と響子と真悟は、台風のために翌朝まで帰れなくなる。偶然取り戻した一夜限りの家族の時間が過ぎていくが…。

小説家くずれのダメ男を主人公に、夢見ていた未来とは少し違う現実を生きる大人たちを描くヒューマンドラマ「海よりもまだ深く」。是枝裕和監督と阿部寛とのタッグは4度目だが、とりわけ良太という名のダメ人間を演じる点で本作は「歩いても 歩いても」の姉妹編のような位置付けだ。元家族が、台風のため集まって一夜をすごすストーリーは、なんだか大人版の「台風クラブ」という気がするが、そこは年齢を重ねた大人たちならではの、苦くて甘酸っぱい心情がじんわりと描かれる。良太は決して悪い人間ではないが、そのダメっぷりはあきれるばかりだ。小説の取材のためと、周囲にも自分にも言い訳しながら、ダラダラと探偵事務所に勤める。息子の養育費も払えないくせに、ギャンブルで金を浪費し、年老いた母親の貯金まで狙おうとする。元妻にも未練タラタラだ。だが、かなわない夢ばかり追う良太を、映画は決して責めない。ほとんどの人間は、なりたかった大人になれたわけではないが、それでも折り合いをつけて人生を生きていかねばならない。

タイトルはテレサ・テンの「別れの予感」の歌詞の一節。是枝作品常連の名女優・樹木希林が言う含蓄のあるせりふがいちいち胸に響く。「海より深く人を好きになったことなんてないから生きていける」。「幸せってのはね…、何かをあきらめないと手にできないもんなのよ」。画面にはいっさい登場しない、良太の亡き父が絶妙にドラマを動かして、良太と息子の真悟の父子の絆を紡いでいる。台風が過ぎた後、朝が不思議なほどすがすがしく感じるように、良太もまた、台風の後、ほんの少しだけ成長するのだ。やはり是枝監督は家族ドラマの名手である。

【75点】
(原題「海よりもまだ深く」)
(日本/是枝裕和監督/阿部寛、真木よう子、小林聡美、他)
(ほろ苦さ度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2016年5月21日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑