【映画評】スノーホワイト 氷の王国

2016年05月28日 11:10
Huntsman: Winter's War
スノーホワイト(白雪姫)とハンターのエリックによって、邪悪な女王ラヴェンナは滅ぼされた。だがラヴェンナには、強大な魔力を持つ妹フレイヤがいた。かつて、ある事件によって心を閉ざし、氷の魔法を操る力に目覚めたフレイヤは、氷の王国で訓練した軍隊を使って魔法の鏡を奪い、ラヴェンナを復活させて姉妹の魔力で世界を手に入れようと目論んでいた。フレイヤの軍隊で育ったエリックとサラは愛し合っていたが、フレイヤによって引き裂かれる。エリックは、フレイヤの恐ろしい計画を阻止しようと鏡を破壊しようとするが…。

前作「スノーホワイト」の前日譚にして続編となるファンタジー・アクション「スノーホワイト 氷の王国」。前作のヒロインの白雪姫(スノーホワイト)のクリステン・スチュワートの不倫騒動のおかげ(せい?)で、続編である本作にはスノーホワイトは登場しない。戦士エリックが一応主役という位置付けだが、滅んだはずの邪悪な女王ラヴェンナには、実はさらに強大な魔力を持つ妹のフレイヤがいたという、かなり強引なストーリー展開だ。こういう設定なら、妹、弟、兄、姉、従妹…とどこまでも続編が作れるじゃないか…!と心の中でツッコミを入れてしまうが、妹にして氷の女王フレイヤがあまりに「アナ雪」のエルサ的で思わず苦笑する。

それでも、ラヴェンナ役のシャーリーズ・セロン、フレイヤ役のエミリー・ブラントの2人の女優が圧倒的に美しく存在感たっぷりなので、ムチャな設定のストーリーも何とかセーフだ。ラヴェンナが金、フレイヤが銀と、ビジュアル的にもゴージャスで、2人が過去の秘密によって激突する終盤のバトルは、VFXの迫力とともにその美しさに目を見張る。この美人姉妹の前では、ハンターのエリックと戦士サラの恋愛模様など、ほとんど付けたしのよう。ストーリーは二の次にして、アクションとビジュアルに比重を置いた作りは、監督のセドリック・ニコラス=トロイアンが視覚効果出身だからだろうか。本作が初の長編監督デビュー。次回作に期待しよう。

【50点】
(原題「THE HUNTSMAN: WINTER’S WAR」)
(アメリカ/セドリック・ニコラス=トロイアン監督/クリス・ヘムズワース、シャーリーズ・セロン、エミリー・ブラント、他)
(ゴージャス度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2016年5月27日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑