桜井パパから松岡修造まで都知事候補40人

2016年06月17日 06:00

産経の電子メディアiRONNAでポスト舛添37人を論じたら好評だったので、40人に増やして内容は簡略化して論じます。

嵐のメンバー、櫻井翔のパパである桜井俊総務事務次官の名前が取り沙汰されている。ただ、次の都知事は東京五輪を控え、語学力も含めて国際的なコミュニケーション能力が大事であり、経歴を見る限りその点が物足りない。

過去に出馬したなかでは、宇都宮健児氏は立候補する可能性が大だが、これは参加賞に終わるとみるのが普通だ。東国原英夫氏は、舛添氏がこの程度の軽微なスキャンダルで辞めたあとでは苦しい。それは石原伸晃経済再生相も同様で、舛添氏が辞めねばならないのだから、「真っ黒け」だった石原慎太郎知事時代のことを蒸し返されてしまうだけだろう。

自民党の政治家のなかでは、小池百合子元防衛相、林芳正前農相、岸田文雄外相あたりが適任者か。三人とも語学力も含めた国際的なコミュニケーション能力、実務能力などからいって申し分ない。岸田氏は安倍後継の有力候補だから難しいだろうが、林氏は地元山口県で安倍首相と同じ選挙区で衆議院転出の見込みもつかず、このままでは期待されながら鳴かず飛ばずで終わりかねないので、心機一転、立候補してお国替えするのもいいのではないか。丸川珠代環境相は閣僚経験に加えて、地球温暖化パリ会議で国際経験を積んだ。

東京の国会議員では、蓮舫民進党代表代行が小池氏とともによく名前が出る。首都に元外国人の女性知事というのは、スペイン出身のイダルゴ・パリ市長を思わせ、日本のイメージ向上につながるかもしれないが、本人の日本国家に対する忠誠度にかなり疑問がある。菅直人元首相というウルトラCもありか。海江田万里民主党元代表は落選党首だし、安愚楽牧場問題をみんな忘れていない。長妻昭民進党代表代行は実務能力に根本的問題がある。山本太郎氏が知事になって東京を機能不全にして首都移転機運でも復活するなら、政治的自爆テロとして歓迎。

帰国子女ということで言うなら、柿沢未途氏は父親が都知事に立候補したゆかりもあり、木内孝胤氏は前回の細川護煕候補かつぎだしの中心メンバーでもあったので考えられそう。長島昭久氏なら与野党相乗り可能ではないかと言う人もいるが、彼は民進党が誤った方向にいかないために国会で頑張ってもらったほうがいい。下村博文自民党総裁特別補佐は本来なら適任だが、新国立競技場問題など東京五輪をめぐるスキャンダルで責めを負っているので無理だろう。鈴木寛元文部科学副大臣も同様だ。

東京選出以外の政治家では、小沢鋭仁元環境相や、伊藤博文の玄孫である松本剛明元外相あたりは挙がるかもしれない。片山さつきは舛添の尻ぬぐいには最適か。政治家でないが、名門の子孫というなら、明治天皇の玄孫である竹田恒泰氏の名も出てきそうだが父親がJOC会長なので、むしろ徳川家19代当主の徳川家広氏の名を挙げる人もいる。細川護煕氏の秘書だった白洲信哉氏は白洲次郎の孫。

今回のような緊急事態には、他県の元知事、現知事の横滑りも無難なところだ。橋下徹前大阪市長が出てくればそれなりに強いだろうが、これも、普通には攻撃されるようなことはない金の作り方や使い道を問題視されるのに耐えられるかどうか。

現職の知事では、京都府の山田啓二知事は全国知事会会長で、サンフランシスコ駐在経験もあるから、本当は最適任かもしれない。鳥取の平井伸治知事、福岡の小川洋、岐阜の古田肇、和歌山の仁坂吉伸、北海道の高橋はるみの各知事も国際派。熊本県の蒲島知事も条件に合うが地震のあとで難しい。鳥取県の片山善博前知事は零細企業らしく見栄を張らないで全国最小県を上手に運営したことにあるのだから少し違うと思う。滋賀県の嘉田由紀子前知事のほうが現実的か。ウィスコンシン州大学に留学しているし、びわこ成蹊スポーツ大学学長というのも好ましい。

タレントなどやめて欲しい。茂木健一郎、国谷裕子などという名前を出す人がいるが、知名度は十分でも実務能力があるとは思えない。

スポーツ選手の中では、谷亮子氏は国会議員としての能力を見せられなかったのだから論外で、鈴木大地スポーツ庁長官のほうがましか。半分冗談みたい話だが、松岡修造というウルトラCの名前も。東京五輪時の知事にはうってつけかもしれない。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学大学院教授

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑