真珠湾訪問で安倍首相のスピーチ、ココに注目せよ!

2016年12月19日 14:30
オバマ広島訪問27hiroshima02

オバマ大統領の広島訪問への「返礼」とも目される今回の安倍首相の真珠湾訪問(首相官邸サイトより:編集部)

12月26日と27日、安倍首相がハワイの真珠湾を訪問することに決まった。

75年前の1941年12月8日、太平洋戦争は日本の真珠湾攻撃で始まった。この攻撃についてアメリカは長年、「日本のだまし討ち」としてきた。日本の宣戦布告がアメリカ側に届いたのが、真珠湾攻撃の数時間後になったからだ。

しかし、実は、日本の暗号をすべて解読していたアメリカは、攻撃されることを事前に察知していながら、真珠湾に駐留していた部隊には知らせなかった、というのが近年の定説だ。そして、それを「だまし討ち」だと喧伝し、アメリカ国民、そして世界に対して、日本は「ずるい国」だと印象づけた。これはルーズベルト大統領の陰謀だったと言われている。「Remember  Pearl  Harbor」は狙い通り、アメリカの兵士と国民の戦意をかき立てたのだ。

その真珠湾を、日本の首相が公式に訪問することになった。もちろん、今回の真珠湾訪問は、5月のオバマ大統領の広島訪問と、おおいに関連があるのは間違いない。

アメリカでは、いまなお、「原子爆弾が戦争終結を早め、多くの人々の命を救った」という見かたが根強く残っている。そのアメリカの大統領が、原爆投下の地、広島を訪問したのだ。大きな決断だったことは間違いない。安倍首相の真珠湾訪問は、オバマ大統領の決断に応えた、と言ってもいいかもしれない。

オバマ大統領は、広島でのスピーチで、このように語った。「もはやこれ以上、私たちは戦争は望んでいません」「国家や国家のリーダーが選択をするとき、また反省するとき、そのための知恵が広島から得られるでしょう」

tahara安倍首相は真珠湾で、何を語るのか。僕は、安倍首相に昭和の戦争の「総括」をしてほしい、と強く願う。「真珠湾=だまし討ち」説が、ルーズベルト大統領の陰謀かどうかは関係ない。満州事変、日中戦争に続く新たな戦争を、日本が真珠湾から始めたことは、まぎれもない事実だ。

戦後70周年の昨年8月15日、安倍首相の談話では、村山談話を踏襲しながらも、「主語」がすっぽりと抜けていた。開戦75周年の今年、真珠湾で、必ず「主語」を入れて、あの戦争を総括してほしい、と僕は思うのだ。


編集部より:このブログは「田原総一朗 公式ブログ」2016年12月19日の記事を転載させていただきました。転載を快諾いただいた田原氏、田原事務所に心より感謝いたします。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、「田原総一朗 公式ブログ」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑