JASRACの価値は ?

2017年02月09日 06:00
JASRAC

画像出典:JASRAC公式サイト

前回の記事では、JASRACが音楽教室に著作権を徴収することは問題なく、勝訴する可能性が高いことを説明した。

しかし、JASRACはネットでは嫌われており、私も嫌いである。とはいえ、JASRACが日本の音楽の発展・普及に貢献してきたことは確かだと思う。そこで、JASRACの実績と、知的財産を守る必要性を訴えたい。

JASRACとは?

JASRACは、正式名称を「一般社団法人日本音楽著作権協会」と言い、現存する日本国内の著作権管理事業者としては最も古く、1939年(昭和14年)に設立された大日本音楽著作権協会をその前身とする。

作詞者・作曲者・音楽出版者から著作権を預かり、音楽の利用者に対してライセンス契約を結んだり、利用料の徴収を行ない、徴収したお金を権利者へ分配を行なっている。また著作権侵害の監視、著作権侵害者に対する法的責任の追及などを主な業務としている。出典:Wikipedia

「著作権管理事業者」はJASRAC以外にもあるが、ネットでJASRACだけがよく槍玉に挙げられる。その理由は、最も古く規模が大きいJASRACの知名度がダントツであり、悪目立ちしていることが大きいだろう。なお、私もJASRACが嫌いではあるが、JASRACの理念には敬意を払っている。それは、

知的財産権(著作権、特許、商標)の無断使用を取り締まってくれる公的機関が存在せず、自分たちの権利は自分たちで守るしかない。しかし、それが個人クリエイターや零細事業者にとっては、もの凄い負担だからだ。

池田信夫氏が指摘するように、知的財産権はそもそも「自然権」ではない。

自然権とは生命・自由・財産・健康に関する不可譲の権利のことである。殺人・傷害を犯した犯罪者、泥棒・強盗を犯した犯罪者は警察が取り締まってくれ、病気になったら国が整備した医療制度で治療を受けられるように、自然権を犯したものは国や自治体が守ってくれる。

しかし、知的財産権は生き死にとは直接関係しない、娯楽や利便性に関わるものであるため、その権利侵害を国や自治体は守ってくれない。

自分の知的財産権は自分で守るしかないのだ!

なお、JASRAC以外にも著作権管理事業者は存在するが、その数は2016年3月でわずか29である。(http://urx.mobi/Br69

JASRAC以外の事業者に著作権の徴収を委託することもできるが、JASRAC程の徴収力を持っている組織は存在しない。また、特許や商標といった知的財産を守ってくれる事業者は無い。

クリエイター・アーティストの権利を守るという点において、JASRACの実績はダントツである。

JASRACの存在価値

特許は自分で守るしか無いため、私がかつて勤めていたメーカーでも、他のメーカーが自社の特許を侵害していないか、他社製品を購入して分解したりして、必死になって調べていた。その労力たるや半端無く、一つの商品の特許侵害を完璧に調べるのには軽く1〜2週間を費やす。

そこまで必死に調査しても、特許侵害と断定できる特許は1〜2件見つかれば御の字である。こう言っては身も蓋も無いかもしれないが、特許侵害のほとんどはわからないまま埋もれていく。しかし、「盗んだもの勝ち」の世界になってしまうと、誰も新しい技術に投資せず、技術開発は停滞してしまう。そのため、どんなにしんどくても各社のエンジニアや知財担当者は自分の特許を守るべく、日々活動している。

JASRACは、アーティスト側から著作権信託契約を申し込むことで著作権を預かり、アーティストに代わって音楽著作権を守るための活動を行なっている。そのため、アーティストは創作に専念しながら、著作権収入を得ることができている。

アーティストやユーザーは自覚していないかもしれないが、アーティストの著作権を守り、

使用料を徴収することは本当に大変なのだ。その苦労をJASRACが背負ってくれているのだ。

アーティストが自力で著作権料を徴収しようと思ったら、大変な労力の前に肝心の創作に支障が出るため、ほとんどが泣き寝入りになるだろう。JASRACが著作権法に則った著作権料の徴収を行なっている範囲では、その行為はアーティストを守っているということであり、音楽文化の普及・発展に貢献しているのだ。

特許や商標のような、権利侵害から誰も守ってくれない知的財産を扱う者からすると、大変素晴らしい取り組みだと思う。

知的財産を守る重要性

なお、「知的財産を守ることは、新しい商品やサービスの普及を阻害しているので、害悪」という意見もある。私も、そう言った側面があることは否定しない。

しかし、負の側面は運用制度で解決できる問題であり、知的財産不要論には賛成できない。

知的財産の運用にはまだ課題が多いのは事実だ。特許の期限は20年だが、著作権は死後70年と全く違う。期限に関する取り決めを一つとっても、様々な思惑が渦巻いており、改正すら難しい。最近では、「商標モンスター」の存在も表面化した。

しかし、アメリカ、EU、日本のように、知的財産に関する制度が発達している国ほど、技術・文化が発展している。みんなが愛用しているiPhoneも特許の塊だ。

かのスティーブ・ジョブズも知的財産の価値を訴えている。知的財産の問題は、「知財なんて不要」と短絡的に結論を出すのではなく、時間がかかっても制度を改善してくことで解決していきたい。

アップルを作ったころ、知的財産を生み出せば成功できるとわかったんだ。うちのソフトウェアをコピーされたり盗まれたりすれば、事業は失敗する。保護されないのなら、新しいソフトウェアや製品デザインを作り出しても仕方がない。知的財産が保護されなくなれば、創造的な会社はなくなるし、新しく生まれることもなくなる。

でも、そんなことより、もっとシンプルな理由がある。

盗みはいけないんだよ。ほかの人たちを傷つけるし、自分の人間性も傷つけてしまう。(スティーブ・ジョブズ)

出典:ウォルター・アイザックソン著「Steve Jobs」(講談社)

===

宮寺達也 パテントマスター/アゴラ出版道場一期生
プロフィール
2005年から2016年まで大手の事務機器メーカーに勤務。特許を得意とし、10年で100件超の特許を取得。現在は、特許活動を通じて得た人脈と知識を駆使しつつ、フリーランスエンジニアとして活動中。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
宮寺 達也
パテントマスター/アゴラ出版道場一期生

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑