IoTで地域課題を解決する 身近なIoTプロジェクト

2017年09月05日 11:30

8月31日、総務省主催による「身近なIoTプロジェクト第5回会合」が開催され、有識者、自治体関係者、関係省庁、ベンダー等、約100名が参加しました。

総務省では、IoTサービスを創出・普及させるにあたって克服すべき課題を特定し、その課題を解決する参照モデルを構築するための実証事業である「IoTサービス創出支援事業」を実施しています。

今回は、2017年度事業に採択された団体が自身の計画を発表する、キックオフ会合という位置付けです。

採択された9団体からは、災害対応、認知症高齢者のケア、高齢者の健康増進、障害者サポート、教育、畜産、地域の雇用のミスマッチ解消による雇用創出、ブロックチェーン技術を活用した食のトレーサビリティ、地域交通といった様々な分野における、IoTを活用した創意工夫あふれる取り組みについて熱意のこもったプレゼンテーションが行われ、有識者、総務省スタッフとともに前向きで活発な意見交換が行われました。

いくつか下記でご紹介しますが、それぞれの分野ですぐにでも活用できそうなものもあります。事例を参考に是非挑戦してみてください。

身近なIoTプロジェクト


編集部より:この記事は、総務政務官・衆議院議員、小林史明氏(自由民主党、広島7区選出)のオフィシャルブログ 2017年9月4日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は小林ふみあきオフィシャルブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
小林 史明
総務政務官、衆議院議員

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑