小池さんも打つ手なし?臨時国会冒頭解散戦略の破壊力

2017年09月20日 06:00

首相官邸サイト:編集部

北朝鮮の弾道ミサイル発射や核開発継続と同等の政治的な破壊力を持った安倍総理の臨時国会冒頭解散戦略だということは認めておいた方がよさそうである。

小池さんや若狭さんの応援団を標榜している私だが、あれこれ考えても打てる手が殆どないことを思い知っている。

出来るだけいい人材を政治の世界に送りたいと思ってきたのだが、今の段階でどの程度いい人たちにその気になってもらえるか分からない。

将来性のある有能な若い方々にどんどん政治の世界に飛び込んでもらって日本の大改革に取り組んでもらいたいものだと願っているのだが、どうも今の状況では麻生・安倍ラインの権謀術数に押し流されて、有為な新人の国政参加の芽を潰しかねないような危機的な状況になっている。

小池さんが新党設立の先頭に立つようになればガラッと風景が変わりそうな気がしているが、現状ではどうも旧態依然の顔触れで新人の政治参入を阻止してしまいそうだ。
この段階で衆議院を解散してしまえば、引退が当然視されていた人たちまで延命してしまう。

新人の皆さんにとってはこの度の衆議院選挙は相当厳しくなる、と覚悟しておいた方がいいだろう。
つい先日の都議会議員選挙の結果が吹き飛んでしまうような、既成政治家絶対有利の選挙である。

こういう既成政治家の保身のためだけの選挙は認めたくないのだが、一旦解散権を発動されてしまえば次の選挙まで異議を述べることが出来ないのだから、本当に困ったことだ。

民意は操作するもので、従うものではない、と思っている人が政権の要路にいるのだろうと思っている。
恣意的な解散権の発動で、好きなように政権の延命が出来たり、野党を壊滅的な敗北に追い込んだり、新党の設立であたらしい風を政治の世界に送り込もうと努力していた人たちの純真な企図を潰そうとするのだから、本当に罪作りなことである。

政治屋の皆さんはこんなことを考えるのか、と愕然としている。

この度の解散は、悪くするとあらゆる将来への希望の芽を潰してしまうことになる。
困ったことである。

どうやら、小池さんにも手がないようである

名古屋市長の河村氏が市長を辞めて衆議院選挙に出馬することを検討しているとのニュースが流れてきたが、ちょっと市長の職を軽く見ているようで感心しない。

橋下氏は大阪府知事を辞めて大阪市長選に出馬したが、当時はそれなりの大義があったが、河村氏の場合はどこに大義があるのかちょっと分からない。
まあ、大義のないことはどなたにしてもお止めになった方がいい。

東京都知事の小池さんが都知事を辞めて、小池新党の代表となって衆議院選挙に立候補するのではないかしら、という観測も一部にはあるようだが、まあお止めになった方がいいだろう。
都知事の仕事はこれからが本番なのだから、都知事職に専念されるべきである。

小池新党から衆議院選挙に挑戦する候補者の方々にとっては実にありがたいことだろうが、小池さんを都知事に選んだ有権者の皆さんが馬鹿にされたような気になってしまうだろうから、少なくとも次の解散時までは動かないことである。

小池新党のために小池さんが打てる手が、殆どない。
いつもは奥の手を出して人の意表を突くのが小池さんの得意技だが、私が見ている限り、さすがに小池新党については小池さんにも手がない。

あれば、小池さんならもっと早く手を打ったはずである。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年9月19日の政局記事をまとめて転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑