軽やかな雇用関係

2017年09月24日 11:30

CAMPFIRE、副業規定が自由すぎて、自分の会社があるやつとか、メジャーデビューしてるやつとか、おにぎり屋さん始めちゃった子とかいる。

従来の副業禁止のような仕組みでガチガチの枠にはめようとするから、優秀な人が去っていくのではないか。辞めるか/残るか、なんてゼロイチではなく、グラデーションで働き方を多様にしていければ、引き続き関係を軽やかに保っていくことができる。CAMPFIREはそういう会社でありたい。

そう言った意味で、正社員か業務委託かアルバイトかインターンかなんて区分は割とどうでも良いし、少なくとも僕は一切区別をしていない。社内のみんなもそうであると思う。人と人の付き合いに、契約形態がどうかは関係ない。もちろんそれぞれの望むリスク/リターンに応じた契約形態を用意しています

ワーキングマザー・ファザー、親の介護、心・体の問題などなど、様々な課題を、企業が解決していかねばならない時代になっていくでしょう。そんな時、この会社で働いてて良かった、と思える居場所にしていきたい。まだまだですが。

第一弾として赤ちゃんが遊べるスペースを社内に作ってみたものの、そもそも渋谷まで赤ちゃんを連れてくること自体がなかなか大変であるという…もっと考えねば…

そんなCAMPFIREの募集一覧はこちらです!あなたを求めています!


編集部より;このエントリーは、株式会社CAMPFIRE代表取締役、家入一真氏のブログ 2017年9月24日のエントリーを転載しました。オリジナル記事をお読みになりたい方は、「Ieiri.net」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
家入 一真
起業家、株式会社CAMPFIRE代表取締役社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑