電線も道路もカラフルに

2018年01月10日 11:28

ジアとヨーロッパにおける景観に対する考え方を、敢えて一言で表すならば、「足し算」と「引き算」ということかもしれない。

アジアは電線を重ねて(都市の繁栄を象徴するが)、ヨーロッパでは空の視界を妨げる電線はできる限り地中化している。

ところが、ポルトガルの首都リスボンでは、敢えて電線をはっきり示すことで面白い景観を生んでいる。

有名な坂道のケーブルカー。

IMG_20171230_235855

IMG_20171230_235929

敢えて電線がカラフルに。港町にはカラフルなものが似合うが、ケーブルカーにアクセントをつける。

また、リスボンでは、主要道路の一部の側面もカラフルに。ポールスミスよりかっこいい!?

IMG_20171230_190739

町にアクセントがあれば周りのものも映えてくる。写真映えしてどんどんシェアされていく。あなたの町にもアクセントを!

もっと知りたい!
・ハリーポッターの舞台!ポルトの世界で1番美しい本屋「レロ・イ・イルマオン」
・お城。お昼に見学するだけではもったいない。夜に泊まってみたい!

<井上貴至 プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年1月10日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑