変わらない目黒で、すっかり変わった自分を再認識

2018年03月02日 12:00

不動産物件の視察で久しぶりに目黒駅に行きました。実は3年前までは目黒駅をよく利用しており、目黒駅前にはたくさんの思い出があります。その中にはもう2度と思い出したくない苦しい記憶もあります。

今回目黒の物件視察が決まった時、どうしても行ってみたいお店がありました。西口の駅前にある立ち食いそばのお店です(写真)。調べてみると東京で2番目に古い立ち食いそばの店舗ということです。朝から夜まで通しで営業しており、一見怖いでも実は優しいおじさんが作ってくれる天ぷらそばは絶品です。

駅前には新しい高層マンションが建設されたりしていましたが、駅周辺の雰囲気には以前とまったく変わらない風景が広がっています。かき揚げの上に刻みネギがたっぷりとのった温かいそばを食べているとほっこりした気持ちになりましたが、この数年で自分の置かれている環境がすっかり変わってしまったことを改めて認識しました。

以前は、会社に勤務し、平日はバスとメトロに乗って会社と自宅を往復していました。今は、ルーティンの仕事もなく、自分の時間は自分で決められる自由を手にいれました。その代り、失ったのは仕事からの安定した収入です。自分で仕事を探し、あるいは自分で仕事を作っていく。仕事の定期的な収入が無くなったことで、金融資産を不動産に急激にシフトさせ、安定した賃料からの収入が得られるように、資産運用の仕組みも根本から変えてしまいました。

街並みは変わっていないのに、自分の立ち位置が変わって、昔から変わらない街並が、別のもののように見えるのです。目黒という街を投資という観点だけからクールに見つめている。天ぷらそばは相変わらずの美味でしたが、そこにノスタルジックな気持ちは、もう湧き上がってきませんでした。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 新刊「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年3月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑