杉並と南伊豆を繋ぐ特養「エクレシア南伊豆」

2018年03月09日 06:00

杉並区(東京都)と南伊豆町(静岡県)。遠く離れた自治体同士が連携した全国初の特別養護老人ホームエクレシア南伊豆」が3月5日(月)オープンしました。

約1,000人の特養入居待機者がいる杉並区は、2021年度までに1000床分の整備を計画。エクレシア南伊豆には、50床程度の区民の利用を見込んでいます。

28217135_1466205206821667_1006208160_o

特別に、オープン前に見学させてもらいました。

28170083_1466205196821668_1030557856_o

庭には、河津桜の木々が。クラウドファンディングで広く寄付を募りました。

28170084_1466205620154959_1688136579_o

屋内の縁側。日光を浴びながら、窓から河津桜を眺めることができます。

28208724_1466205250154996_1357041099_o

廊下や部屋が広いのが特長。ゆっくりとした時間を過ごすことができます。用地費が高い杉並区内で特養を開設した場合と比べて、約1/3の費用で開設することができました。

28171482_1466205633488291_986307557_o

離れて暮らす家族とはテレビ電話で会話もできますが、遠方の家族が泊る部屋も用意。

28126446_1466205756821612_1196311265_o

1階には地域との交流スペースも設置。とても明るく開放的です。

一部には、遠く離れていることをもって姥捨て山と批判する人もいますが、

1)そもそも、日本の医療や介護は、(地域のゲートキーパーで受診しなければならないイギリスなどと違って)全国どこでもアクセス可能な制度であり、現在でも、杉並区の住民が多摩地方などの特養に入ることは珍しくないこと(ただし、75歳以上の後期高齢者の医療費等は、入居前の居住自治体(今回は杉並区)が負担するので、町の負担が増えることはありません。)

2)高齢者が急増する杉並区では、特養の整備が急務なこと

3)杉並区と南伊豆町は長年交流を続けており、また、杉並区民の中には伊豆出身者も一定数存在しており、老後を伊豆で暮らしたいというニーズがあること

4)介護する家族が伊豆や静岡県で働いていたり、定年後は伊豆で過ごしたい人もいること

などから、姥捨て山議論は、代替案なきタメにする議論に思えてなりません。多様な選択肢を提供することが大切ではないでしょうか。

エクレシア南伊豆のホームページは、こちら

もっと知りたい!
 理想の介護がここにあった!鹿児島・旭ヶ丘園の「尊厳経営」
愛媛県弓削島発『ふく霊言霊』~しまで生き抜く、小さなつぶやき~
おっちラボの矢田明子さんが語る「日本で一番チャレンジに優しい町~雲南市から若者の未来を考える~」

<井上貴至 プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年3月9日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑