水曜の祝日♡でも来年は違うかもなので注意しよ!

2018年03月21日 11:30

平成30(2018)年3月21日(水)は「春分の日」で祝日です。

水曜の祝日は好きです。
土日を含む三連休にも仕事も多く、どこに行っても混んでいて
「仕事なのに、レジャーの混雑に巻き込まれてトホホだな。。。」
と思ってしまうことがあるのですが、水曜日が祝日だとまるまる休めなくてもゆったりはすることもありますから

働く 働く 祝日 働く 働く 週末 週末

は一週間が早く感じられますし、途中で一息つけるところが気に入っています。

ところで春分の日はいつかご存じでしょうか?
「3月21日だろ!」
とツッコミが入りそうですが、実は日は決まっていません。

元旦(1月1日)や勤労感謝の日(11月23日)、天皇誕生日(12月23日)などは「国民の祝日に関する法律」(昭和23年法律第178号)で定められています。

建国記念日はこの法律で日は決まっていませんが、「建国記念の日となる日を定める政令」(昭和41年政令第376号)で2月11日とされているので、実質的には決まっていると言えるでしょう。

また明確な日ではありませんが、国民の祝日に関する法律でアバウトに決まっている祝日は平成12(2000)年と15(2003)年に変更になった「ハッピーマンデー」で、
・成人の日 1月の第2月曜日
・敬老の日 9月の第3月曜日
のように「〇月の第〇月曜日」と決められています。

一方で春分・秋分の日は法律でも政令でも決まっていません。
国立天文台が春分もしくは秋分日を天文計算して、それに基づき前年の2月に政府が
「来年はこの日にする」
と閣議決定して決めているのです。

春分の日をさかのぼってみると

平成30(2018年) 3/21
平成29(2017)・28(2016)年 3/20
平成27(2015)・26(2014)年 3/21
平成25(2013)・24(2012)年 3/20
平成23(2011)・22(2010)年 3/21

と、1990年以降はほぼ20日と21日が交互に2年ごとに変わっています。

秋分の日はほとんど9月23日ですが、平成23(2012)・28(2016)年は22日でした。

今後の春分の日はおおむね3月20日か21日で推移しそうですが2092・2096年は3月19日になるかもしれず、2096年は月曜日に当たるため3連休になりそうです。
また2303年は例年より遅れて3月23日になる可能性があります。

行楽の準備をされる方は、どうぞ参考にしてください。


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2018年3月21日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑