全米初、オピオイドで死刑執行:ネブラスカ州の決断

2018年08月16日 10:00

オピオイドと言えば鎮痛剤として使用され、過剰摂取の深刻化について当サイトでもこちらを始め何度となくお伝えしてきました。

そのオピオイドを、ネブラスカ州は全米で初めて死刑執行に使用したというではありませんか。同州の死刑執行は、1997年以来、21年ぶりとなります。

全米初のケースとなったのは、1979年に2人のタクシー運転手を殺害したキャリー・ディーン・ムーア死刑囚(60歳)。21年前には電気椅子を選択していましたが、今回は抗けいれん薬のジアゼパム、神経遮断薬のシサトラクリウム、心臓を止めるための塩化カリウムなどをオピオイドと混ぜて投与したといいます。

オピオイドと言っても段階があり、ここでは世界保健機関(WHO)が三段階除痛ラダーに該当し、高度の痛み止めとして使用されるフェンタニルです。フェンタニルは、モルヒネやオキシコドン、メサドンと並ぶ強オピオイドとなります(詳細は、こちらをご笑覧下さい)。

ワシントン・ポスト紙によれば、死亡までに掛かった時間は23分だったといいます。

ネブラスカ州は2015年に死刑撤廃を決定したものの、翌年に60%の州民の支持を得て撤回。ムーア死刑囚の執行に至りました。

製薬会社は死刑執行の薬品使用に反対の立場であり、独のFresenius Kabiは同社が生産するシサトラクリウムと塩化カリウムなどが採用されると知るや、死刑執行停止を求めて提訴したものです。これを連邦地方裁判所の判事が棄却、予定通り8月14日の執行となりました。

今回が最初で最後となるのか。オピオイド過剰摂取の死亡者数は、2016年に交通事故での死亡者数を超える規模に膨らむなかでは、死の恐怖を連想させるには十分なのでしょうが…。

death
(作成:My Big Apple NY)

トランプ政権と言えば、オピオイド問題を深刻に受け止め就任2ヵ月でオピオイド危機と薬物乱用阻止を狙ったタスクフォースに関する大統領令に署名しました。2017年10月には「衛生非常事態」を宣言し、予算にも対策費を計上してきました。この件について言及するのか、注目です。

(カバー写真:Diana Robinson/Flickr)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2018年8月15日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑