書評『県立!再チャレンジ高校』

2018年09月02日 11:30

黒川祥子さんの『県立!再チャレンジ高校』は、「底辺高」「課題集中高」「教育困難高」などと形容される高校で、教職員たちが文字どおり全力で、身体を張って、生徒たちを懸命に支え続けてきた闘いの記録。

県立! 再チャレンジ高校 生徒が人生をやり直せる学校 (講談社現代新書)
黒川 祥子
講談社
2018-04-19

 

「困った子」「できない子」と切り捨てる前に、ぜひ多くの人が手を取ってほしいです。

親の自殺、薬物やパチンコ依存、親からのネグレクト・・・
「困った」生徒は、本当は「困っている」生徒だった。

「たぶん、子どもの時から親に話しかけてもらっていないんだろう。だから表現する力がない。抱きしめられていない、親の笑顔を見て育っていない。おまけに小学校から中学校まで、学校でもかまってもらったことがない。

だから自尊感情がとてつもなく低い。この低さを、どう底上げしていくか。ここがオレたち教師に、もっとも問われている。「おまえが大事なんだよ。」というメッセージを3年間発し続けるしかない。」(P199)

という先生の言葉がとても印象に残ります。

◇◇◇
卒業生の3割近くが進路未定。
卒業で終わりにしない、支援の仕組みを作らないといけない。」
税金と年金を払える層を増やしていく。困難を抱えた子の自立を支援していくか

という問題意識を共有し、学校が責任をもって、高校生や卒業生の受け入れ先企業を開拓。開拓で終わりではなく、受け入れ先が過度の負担にならないよう、その後も、しっかりコミュニケーションを取っていきます。

また、生徒のケアが必要な場合、福祉や児童相談所等とも連携していきます。「学校で閉じない」「学校だけで解決しようとしない」姿勢が大切だと改めて考えました。

◇◇◇
また、この本は、管理職の心構えとしても面白かったです。
・メッセージを発し続ける。
・意見が出やすい環境をつくる。
・組織として、みんなで問題意識を共有し、同じ目標に向かわせる。
・必要な人材は、粘り強くスカウトする。
・適材適所でチームとして取り組む。

読みやすい本なのでぜひ。

もう少し知りたい!
高校魅力化。大人だけでなく、自分たち高校生が伝えたほうがいい。
公教育の最先端「福岡県飯塚市」

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年9月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑