福業のさきがけ・伊丹十三

2018年09月04日 11:30

「スーパーの女」「マルサの女」・・・小学生や中学生の時に家族で見た伊丹十三(いたみじゅうぞう)さんの映画がよく印象に残っている。

「伊丹十三の本」より:編集部

伊丹十三が育った松山に住んでから、伊丹十三記念館に何度か足を運んだ。

小さいけれど、洗練された記念館だ。

40648540_221587255377021_7219553455768076288_n
(伊丹十三が眠る中庭)

十三の名にちなみ、13の部屋で構成されている。音楽愛好家、商業デザイナー、俳優、エッセイスト、イラストレーター、精神分析啓蒙家・・・そして映画監督。伊丹十三さんのさまざまなチャレンジを追体験することができる。

まさに、伊丹さんは、福業(Happy Working)のさきがけといえる。

最近は、時の流れを経てもなお語り継がれる「古典」を意識的に見るようにしている。今度は、「お葬式」を見てみよう。

■もう少し知りたい!
Happy Working!(福業)

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年9月3日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑