百田尚樹氏は強烈なアンチ長州のようだ

2018年11月19日 06:01

百田尚樹さんの「日本国紀」のうち、幕末から大正のあたりまでを読んで考えた。百田さんはどうも長州とは肌合いがあわないのでないかと。安倍首相にも近いと言われるのに不思議なのだが、徹底的に軽視しているし、普通の歴史書に比べて非常に少ない記述すらあまり好意的なものではない。

百田氏と伊藤博文(Amazonページ、国立国会図書館サイトより)

まず、古代史などでも偶然というには不思議なほど出てこないし、室町・戦国時代の大内氏はまったくその名さえ登場せず、毛利氏もほとんど書いてないに等しい。

薩摩や佐賀などがどうして勃興してきたかは詳しく紹介されるが、長州は突然に登場するだけ。吉田松陰は1行だけだし、尊王攘夷思想もあたかも無謀な保守反動思想のように扱われ村田清風、吉田松陰、高杉晋作らの目がしっかり世界に向けられていたことなど無視だ。征長戦争の勝利も坂本龍馬と薩摩が武器を横流ししてくれたからといわんばかりの扱いだ。

伊藤博文の名は韓国統監としてしか登場せず、山県有朋は汚職事件のみ、桂太郎は鉄道王ハリマンとの交渉のみだ。憲政、陸軍、地方制度、日露戦争の勝利に彼らが尽くした功績はすべて無視されている。乃木希典や児玉源太郎も全く触れられていない。

岸信介はさすがに東条内閣崩壊のほか安保改定で少しだけ登場するが、特段にその意義は語られていない。そして、佐藤栄作はまったく登場しない。

薩摩は島津斉彬、西郷隆盛、大久保利通、東郷元帥などしっかり語られているのに大違いだ。佐賀にも好意的だが、土佐も長州ほど軽んじられていないが、吉田茂は南原総長を「曲学阿世の徒」と呼んだことだけが書かれている。

明治維新をどう評価しているかもよく分からない。小栗忠順など幕臣たちを非常に持ち上げているので、読んでいるとどうして幕府がダメだったのかさっぱり分からなくなる。

私は長州人以上に長州びいきだし、幕府ではなぜ新しい時代を開けなかったのかをテーマに歴史を書いてきたので、「日本や世界がわかる 最強の日本史」や「世界と日本がわかる 最強の世界史」(扶桑社新書)では長州礼賛ひとすじだからこの点は対決したいくらいだ。

会津については、えらく贔屓で、松平容保をベタ誉めで、長州が悪いといわんばかりだし、戊辰戦争の官軍も正義なしと仰る。だいたい松平容保は藩内からも非難囂々だったのだし、戊辰戦争は仙台藩と米沢藩が仲介して出した常識的な処分案を会津が蹴ったのが原因だと思う。また、靖国神社に賊軍戦死者をまつれと仰るのも腑に落ちない。

明治政府の仕事の中では、維新の直後から小学校を津々浦々に設立して四民平等の近代教育を樹立したという最大級の功績を無視。明治憲法についても、その内容の先進性について、百田さんの思想からいえば、評価してもいいと思うが、そうでもない。

江戸時代の教育については、これは、多くの人が間違って高い評価をしているので、百田さんもそれを踏襲しているだけだから批判しにくいが、江戸時代の優れた教育の基礎があったから世界で通用したとしている古市公威(土木技師)や北里柴三郎(医学者)は、幕府が倒れたときに13歳くらいであって、いずれも、明治新政府のもとでの洋式教育から育った最初の人材であって、江戸時代が続いていたら彼らが科学者になっていたなどあり得なかったのである。

日本国紀
百田 尚樹
幻冬舎
2018-11-12
アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑