聖書に書いてあることって物語?それとも史実?

2019年01月15日 11:30

弟夫婦が昨年から仕事の関係でイスラエルに赴任しています。折角の機会なので、今年の春に母を連れて、現地を訪れてみようと計画しています。

私の周りには、母を含めクリスチャンが沢山います。通ってはいませんが、教会に流れる空気が好きですし、キリスト教的な考え方には共鳴しています。実は、SHINOBY’S BAR 銀座のロゴには、密かに十字架が隠されていたりします。

でも、私は自分はクリスチャンではないと思っています。

神さまは存在すると日々感じながら生活していますが、聖書に書いてある「神様がアダムとイブから最初の人間を造られた」とか「モーセが杖で海を2つに割った」とか「イエス様が復活した」といった話は、正直本当かなと思ってしまうからです。

聖書を史実として受け入れられない人は、クリスチャンではないらしいです。そもそも、旧約聖書と新約聖書の違いさえ、よくわかっていないのです。

そんな、私のようなキリスト教に対してモヤモヤした気持ちを持った不勉強な人に、おススメなのが「上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門」です。

世田谷にある教会の信者が、ツイッターで配信して、話題になった内容をまとめたキリスト教超入門とも言える内容です。

イスラエルは宗教に関して、日本人には理解しにくいことが起こっている国です。イスラエルに行くのであれば、キリスト教だけではなく、様々な宗教について事前に勉強しておこうと計画してます。

また、現地に行ったら、単なる観光ではなく、牧師さんや宗教の専門家の方にお話お聞きできればと思っています。もし、このブログお読みの方で、そんな現地の方をご存知の方がいらしたら、是非ご紹介ください。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年1月15日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑