常岡氏が出国禁止:擁護した安田氏や朝日記者に容赦ない指摘

2019年02月05日 06:01

内戦中のイエメン取材を予定していたジャーナリストの常岡浩介氏が、外務省から旅券返納命令を受けていることが明らかになり、4日夜のツイッターを騒然とさせた。

BS朝日「日曜スクープ」より

共同通信によると、常岡氏は1月にもオマーン経由でイエメン入りを試みたが、オマーンから入国拒否され強制送還されていた。今回はスーダンからイエメンに向かう計画だったという。

旅券法は13条1では、旅券発給をしないことができる対象として

渡航先に施行されている法規によりその国に入ることを認められない者

を挙げており、19条では、これに該当することが判明した人に対して返納命令を出すことができると規定している。

常岡氏は過去にアフガニスタンで取材中に誘拐されたり、イラクやロシアなどで拘束されたりしたことがあったが、今回の返納命令書にはオマーンへの入国禁止が理由とされていたようだ。常岡氏は返納命令を拒否している。

報道が流れるや、リベラル系の有識者やジャーナリストらが一斉に反発。江川紹子氏は「取材させなさいよ」と一喝。

この一報を受け、シリア取材でテロリストに3年余り拘束され、昨年解放されたばかりの安田純平氏がツイートを連投。毎度のごとく日本政府や自己責任論を主張する人たちへの批判を繰り返した。

しかし、「(常岡氏への返納命令は)あなたの前例が影響したのでは?」などと即座に突っ込まれていたり、「また日本政府批判ですか?」と呆れられていた。

また朝日新聞の三浦英之記者もツイッターを連投。「もう何なんだよ、この国。次々とジャーナリズムの手足が縛られていく」と述べたのを皮切りに、「このまま進むと、僕たちは何も言えなくなってしまう、何も書けなくなってしまう。1984的な未来を、今足元にヒタヒタと感じる」などと訴えた。

三浦氏は「警鐘」を鳴らしたつもりだったようだが、「物は言えているのでは?」「また人質になる」といった趣旨から異論も複数指摘されていた。

またノンフィクション作家の西牟田靖氏は、常岡氏の過去の言動から今回の騒動を冷ややかに見ていた。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑