都議会が死んだ日 〜 都民ファーストによる驚愕独善議会運営

2019年03月14日 21:30

本日の予算特別員会。都議会は発足以来、一人会派議員の予特・決特出席を認めずに来ました。一人会派として議会史上初の委員外議員発言申出を提出しており、冒頭にて上田の出席の可否につき表明されるはずで、早めに行って傍聴席に座っていたところ波乱含みの幕開けとなったのです。

強行開会を繰り返す都民ファースト

本来は、予算特別委員会前に委員会の協議事項を予め意見調整する「理事会」が開かれます。通常は滞りなく終わるものですが、豊洲移転問題に鑑み、築地市場跡地の計画が「築地は守る、豊洲は活かす」という知事の公約が守られず二転三転しているととし、知事“与党”都民ファーストら以外の会派から意見調整を求められるも、都民ファーストは応じず自民党・共産党不在のまま強行開会。

これを不服として、再度理事会開会を両党会派が求めるも、これも無視してまたしても予算委員会を強行開会したことから、怒号が飛び交い、石川良一委員長(都F:多摩市・稲城市選出)を各会派委員が取り囲み大紛糾。「都小島敏郎元都特別顧問、現・都民ファーストの会事務総長への参考人招致を求める緊急動議」が自民党の川松真一朗委員から提起され、暫時休憩(13時10分頃)となりました。

通常であれば、緊急動議に関して、「理事会」を開いて協議するものですが、開催することなくことなく休憩後、自民、共産、維新が出席しない中、またもや強行開会。しばらく揉める中、急に伊藤ゆう議副委員長(都F:目黒区選出)に交代、自民党小松委員から「委員長不信任の緊急動議」があがるも、また理事会を開くことなく数に任せて強硬採決し、石川委員長が復活。

大声にかき消されながらも、共産党和泉なおみ委員が「理事会開会を求める緊急動議」をするも、これマタ応じず、委員会を強行に進めるべく、騒然とした中、平然と木下ふみこ都議(都F:板橋区選出)が強引に質問を開始。理事会を開催せず、動議に関しても強引な採決をとる、独善的な都民ファーストの仕切りに憤り、自民党・共産党の委員が退出を敢行しました。

委員長という存在は、本来中立的かつ公正公明な仕切りをしなければならないというのに、何に怯えているのか、都民ファーストの意向に従うのみで、5期も稲城市長を務められたにも関わらず独自の老練な仕切りもできない石川委員長を腹立たしく思うというより、むしろ哀れとしか思えませんでした。

都民ファーストの数の力による独善委員会進行に物申す!

都民ファーストの立ち上げメンバーでしたから、その内側、体質もよーく知ってはいる(だから離党した)上田ですが、ここまでひどいとは呆れ果てて開いた口が塞がりません。さすがにこれは看過できぬ!と自民、共産、維新会派と共同記者会見を緊急に実施。

自民党吉原修幹事長が「都議会が死んだ日」と語る。言癒えて妙!

そして、
尾崎大介議長(都F:調布市・狛江市選出)と

増子ひろき(都F:文京区選出)議会運営委員長へ

以下緊急要望を渡しました。

それぞれの場で、「ブラックボックス、都議会ドンの専横政治」と自民党を批判した「ふるい議会をあたらしく」を掲げた都民ファーストが、知事“与党”となり国際都市東京らしからぬ議会制民主主義に反する暗黒議会ともいえる議会運営において議会改革は大きく後退、大政翼賛会状態だと指摘しました。

小島敏郎氏とは何者なのか

小島敏郎氏(都庁サイトより:編集部)

今回、参考人招致を求められている(私も賛同)小島敏郎氏とな何者か…。

環境省官僚OBで環境大臣を務めたこともある小池百合子知事の肝いりで、東京都の特別顧問に就き、その後市場問題プロジェクトチーム(PT)の座長を務めていたものの、都の行政部門の専門委員から議会側の都民ファーストの会政調会事務総長に突如として「転身」。

ちなみに顧問時代の給与は以下の通りです。

都民ファーストでいくら給与も支払うかも明らかにしない二元代表制を愚弄する公私混同ブラックボックス人事は、私の都民ファースト離党の原因となったわけですが、顧問料は辞退するも毎月15万円貰ってたのであります。

その後1年、政務活動費の情報開示を待って、執拗な調査はお得意のお姐は小島敏郎氏の給与がいくらなのか調べました。ノリが貼ってあるので誰なのかは確定できませんが、都民ファーストの人件費の中で群を抜いた最高額の人物がいました。

東京都庁総務局人事部にて確認しましたところ、65.4万円は「部長級」(5級)に、ほぼ相当すると推測できる金額です。しかも、税の負担は通常1/2となる「按分」(通常は、政務活動と政治活動で按分して半額を計上する)にせず、なんと全額計上、すなわち、都民の血税からすべて支払われていたことが分かったのです。詳細につきましては、過去blog「都民ファースト会派職員最高月給は65.4万円!」を是非一読下さい。

この人物が、小島氏なのかどうかの明言は避けますが、これまで「多忙」を理由に参考人招致を断っていた小島氏。血税で給与をもらい、都議会議事堂にある都民ファースト会派が「勤務先」であるわけですから、今回は多忙で招致に応じられないなどとすれば、それは都民を愚弄する詭弁に他ならないのではないでしょうか。

お姐総括!

過去blog「大相撲、レスリング、アメフト、都ファ…パワハラ体制に共通するもの」でもまとめていますが、人々を「思考停止」に陥れる全体主義的ファシズム体質が、都民ファースト組織内だけではなく今、じわじわと都議会に及んでいる恐怖を感じております。「思考停止」に陥り、ひたすら小池知事と小島事務総長を守る都民ファースト議員らが、数の力で丁寧な議論を放棄し、議会制民主主義も二元代表性も軽んじて押し切る姿は、滑稽でもあり、哀れでもあり、そして恐ろしくもあります。

どうしてそんなことができるのか…全く理解不能です。

都議会ブラックボックスを打破する、ふるい議会をあたらしくするための「東京大改革」であったはずです。

それを実現するために

小島敏郎氏に全てを語って頂くこと、それこそが都民ファーストの一丁目一番地の政策と標榜される「情報公開」なのではないでしょうか。

追伸:結局お姐の「委員外議員の発言申出」(以下)は野次と怒号の中ウヤムヤに拒否されましたとさ…。闘いはつづく、つづくったらつづく!

上田 令子   東京都議会議員(江戸川区選出)、地域政党「自由を守る会」代表

東京都議会議員(江戸川区選出) 白百合女子大学を卒業後、ナショナルライフ保険(現ING生命)入社後、以降数社を経て、起業も。2007年統一地方選挙にて江戸川区議会議員初当選(44名中6位)。2期目江戸川区議会史上最高記録、2011年統一地方選挙東京都の候補全員の中で最多得票の1万2千票のトップ当選。2013年東京都議会議員選挙初当選。2014年11月地域政党「自由を守る会」を設立し、代表に就任。2015年3月地域政党サミット(全国地域政党連絡協議会)を設立し、副代表に就任。公式サイト

おしらせ:「小池都政迷走」の原稿を募集中です

都知事Instagramより

アゴラでは、2019年3月、「小池都政迷走」をテーマに皆様のご意見を募集中です。都議会空転の原因となった市場問題への対応など、小池知事の政治手法そのものへの評価はもちろんのこと、都議会議員の対応、さらには小池ブームを主導したマスコミの都政報道や、小池氏を選んだ都民の判断などについて、みなさまの忌憚のないお考えをお尋ねします。東京以外の地域の皆様のご意見も歓迎です。

投稿は800〜2000字。お名前・ご所属・肩書・簡単なプロフィール(100字程度)などを記載して、メールに直接書いてただいても、テキストファイル、ワードファイルの添付でも構いません。なおペンネームの使用は原則認めておりませんが、著述活動の実績等で特例を認めることもありますので、編集部にご相談ください。

投稿を希望される方はアゴラ編集部(agorajapan@gmail.com)編集部あてにお送りください。(そのほか詳しい投稿規定はこちら)。なお、アゴラ執筆陣の皆さまもふるってご投稿ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
上田 令子
東京都議会議員(江戸川区選出)、地域政党「自由を守る会」代表、地域政党サミット(全国地域政党連絡協議会)副代表

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑