極めて厳しい情勢。見通しが甘すぎました。力を貸してください

2019年04月16日 06:00

こんにちは、北区長候補のおときた駿です。

昨日もたくさんのボランティアスタッフが駆けつけてくれて、チラシの受け取り具合も非常に良好でした。本当にありがとうございます。

自分自身も2回選挙をやって、色々な選挙をお手伝いしてきましたが、感触としては決して負けてる反応じゃないんです。むしろかなり良い!と手応えを感じるくらい。

しかしながら、情勢は非常に厳しいです。期日前の初日は組織票が強く出るとはいえ、一歩も二歩も遅れを取っていることは間違いなさそうです。

正直、私自身の見通しが甘かったことを完全に認めざるを得ません。現職有利と言え、五分五分か6:4くらいで序盤戦に突入できると思っていました。

現職には自民・公明・立憲民主、さらには社民党までがつきました。区内のめぼしい団体は、ほぼすべて現職に推薦を出しました。

それでも、高齢多選を嫌悪する層は切り崩せると過信していました。しかし組織票の強固さが、想像の遥かに上でした。

一般的に変化を避ける高齢者層が多い土地柄も、強く影響しているのかもしれません。

でも、この状況をはねのけて勝利を掴まない限り、少子高齢化へと一直線に続く日本において、政治も社会も変えられません。

一人でなんてできると思っていなかったけど、より多くの皆さまの力がなければ、この状況を突破することは厳しいです。

力を貸してください。どうかどうか、もっと皆さんの力を貸してください。

ボランティア募集

配る枚数に制限がない「確認団体チラシ」を、一枚でも多く配りたいです。無茶な場所へのポスティングなどをお願いするかもしれません。楽しい作業でもありません。でもどうか、お願いします。

2~3時間程度でも来られる方は、ボランティア応募フォームからご連絡ください。すでに登録済みで、追加日程が出せるという方はぜひ事務局までご連絡ください。

ボランティア登録フォーム

SNS・口コミなどで北区長選挙の情報を拡散してください

まだ区内では、選挙があること&おときたが区長選に出ていることすら知らない人が多いです。

SNS発信は誰の目に止まるかわかりません。ぜひ下記のようなニュースを拡散してください。

感想・コメントはなんでも構いません。多選の区長に若い世代の代表者が挑む構図を、皆さんの言葉で広めていただければ幸いです。

東京新聞:<統一地方選>多選か、世代交代か 北区長選 最高齢現職に2氏挑む:社会(TOKYO Web)

個人献金によるご支援

お時間が取れない、SNS発信などで表立っての支援表明が難しい方。大変お恥ずかしい話ですが、こちらも引き続きお願い致します(飲食の差し入れは公選法で禁じられています)。

個人献金ページ

苦しいこの状況をなんとしても跳ね返し、当選という結果でご恩返しをさせてください。

心より何とぞ、宜しくお願い致します。

諦めません。ここからだ。


編集部より:この記事は、あたらしい党代表、前東京都議会議員、音喜多駿氏(北区選出)のブログ2019年4月15日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はおときた駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
あたらしい党代表、前東京都議会議員

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑