鈴木幸一さんがいなければ「マネックス」は誕生しなかった

2019年10月19日 11:30

日本経済新聞の人気連載「私の履歴書」ですが、今月はIIJの創業者である鈴木幸一さんが書いています(写真も同紙から)。

サラリーマン経営者にはないユニークな経歴が面白く、久しぶりに毎回楽しみに読んでいます。

実は、鈴木さんとは、マネックスの創業時代にオフィスや神田錦町の居酒屋で何度かお会いしています。ロマネコンテイを飲ませてもらったこともありました。

その鈴木さんがマネックス証券の誕生に大きく関わっていたことを、今日の連載に書いています。

マネックスは、ソニーと私の大学のクラスメイトだった松本大さん(写真左)の共同出資で立ち上がりました。ソニーと個人が折半出資ということで大きな話題になりましたが、当時のソニーの社長だった出井さん(写真右)と松本さんを引き合わせたのは、鈴木さんです。

松本さんが、出井さんと会食している鈴木さんに呼び出され、そこでインターネットを使った個人金融の可能性を熱く語り、ソニーの協力でマネックスが誕生したと聞いています。

創業当時、神田錦町にあったマネックスのオフィスには、間借りしていたIIJだけではなく、ライバルのDLJディレクト証券(後の楽天証券)も入居していました。

近くにあった屋台のおでん屋さんには、当時のDLJディレクト証券の社長だった国重さんも見かけました。

鈴木幸一氏(IIJ公式サイトより:編集部)

ネット証券の創業期を、仕切っていた影の演出者は鈴木幸一さんだったのです。ネット証券の生みの親と言うだけではなく、私の人生を変えた恩人の1人でもあります。

鈴木さんに実際にお会いすると、連載の文章そのままのお人柄で、気さくでユニークな方でした。一緒に日本酒やワインを飲んだのも懐かしい思い出です。

マネックスは、その後上場し丸の内に移転。鈴木さんとお会いする機会もなくなってしまいました。

まもなく連載が終わってしまいますが、どんな話が飛び出すか、最後まで油断できません。既成概念に囚われない独特の思考法や発想が楽しみです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年10月19日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑