塩崎氏発言:ようやく自民党の良識派の方々も目覚めた

2019年12月05日 17:00

一人一人はそれなりにいい人だということは、よく知っている。
いい人なんだが、しかしずっと口を噤んでいるままだったのが不満だった。

塩崎氏(政府インターネットテレビより:編集部)

アゴラの編集長がシャカリキになって件の議員の不見識と非道を訴えているのに、これまでは見向きもしなかったように映っていたので、皆さんの目が曇っていて物が見えなくなっているのか、自民党の国対筋に遠慮して見ないふりを続けているのかしら、と思っていたのだが、ここに来てようやく元官房長官の塩崎恭久氏が口を開いた。

森ゆうこ氏の懲罰請願:塩崎氏が自民閣僚経験者で初の支持表明(アゴラ)

目は開いていたようである。
アゴラの編集長はじめ関係者の皆さんの声は塩崎さんのところにまで届いていたようである。

まあ、桜を見る会で安倍総理や官邸が追い込まれてしまっていたように見えたので、あえて国対の動きを妨げることがないようにじっと事態の推移を見守っておられたのだろう。

塩崎さんが件の議員のことに言及するに至ったのは、多分、現時点では最早臨時国会の運営に困難を来たす虞がなくなった、ということだろう。

塩崎さんは、自民党の中の良識派の代表の一人である。
仕事が出来る人である。
物の道理が分かる人である。

やっと本音が聞こえてきたな、という感じである。

もっとも、件の議員に対して自民党がどこまで本気で追及を始めるかは分からないが…。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2019年12月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑