IR疑惑:陣中見舞い、受け取るべきか受け取らざるべきか

2019年12月26日 15:00

読売によると件の議員が受け取ったのは陣中見舞いだったそうだ。

逮捕された秋元議員の副大臣時代(国交省サイトより:編集部)

衆議院の解散の当日に300万の現金を持参して議員会館の事務所に現れたということのようだから、選挙資金が喉から手が出るほど欲しい議員があっさりとその陣中見舞いを受け取る可能性はある。

読売の記事の書き方からすると、検察側では関係者からそれなりの供述を得ており、贈賄側とされている関係者の銀行取引等の記録も入手しているように推測される。

何か月も前から捜査を続けていたようだから、授受された金員の趣旨を争うことは出来ても金員授受の事実自体を争うことは難しいのではないかしら、と思っている。

陣中見舞いの300万は喉から手が出るほどに欲しいだろうが、単なる政治献金の一種と見做すには多過ぎる。

お金には色が付いていないと言われるが、この300万には色が付いていると言われても仕方がない。
IR担当の内閣府副大臣という職務に徴すれば、絶対にIR事業関係者から収受してはならない金員だということは明らかである。

逮捕されたからそれで有罪だということにはならないのは当然だが、無罪推定原則があっても、この事件の弁護は難しい。

ちなみに、他の国会議員や元国会議員の事務所なども家宅捜索の対象となっているようで、永田町界隈では戦々恐々とされている方がそれなりにおられると思うが、私が見ている範囲では家宅捜索を受けられた方々は、多分参考人なんだろうと思っている。

いずれにしても、件の国会議員は議員辞職を迫られることになる。

議員辞職の時期如何によって補欠選挙や衆議院解散・総選挙の時期が左右されることになるだろうから、今後の展開には大いに注目する必要がある。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2019年12月26日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑