"宇和島みかん"がネットで買えます!段々畑を体感できるVR動画も

2020年02月09日 06:00

2018年に発生した西日本豪雨災害からの復興に向けて、引き続き愛媛県宇和島市の支援をRCFは続けています。

特にフィリップモリスジャパン社から大きな支援を受けており、その一環でJAえひめ南さんと協働して、「宇和島みかん」のブランド化を進めています。

今年度の集大成として、この「宇和島みかん」のブランドサイトが昨年でき、2月からインターネット販売も開始されました。

画像1

この時期は、柑橘類の旬です。愛媛県のみで栽培されている「甘平(かんぺい)」という品種をご存知でしょうか。都内スーパー等でも一つ300-500円ぐらいで売られている、高級なみかん品種です。この甘平と、宇和島市が国内シェア9割をほこるブラッドオレンジを組み合わせ、ダンボール1箱1500円でテスト販売を行っています。(ほかに手数料300円と配送料1000円程がかかります) 期間と個数限定ですので、これを機会に、ぜひ宇和島の柑橘を楽しんで頂ければと思います。

他にも、今回のサイトリニューアルでは、宇和島みかんを紹介する動画を公開しました。

また、宇和島みかんが作られる段々畑を体感できる、VR動画も作ってしまいました(!)。VRゴーグルを手にして、ぜひみかん畑に入って頂ければと思います。

復興に向けて歩みを進める宇和島のためにも、みかんのブランド化、取り組み続けていきます。


編集部より:この記事は、一般社団法人RCF 代表理事、藤沢烈氏の公式note 2020年2月8日の記事を転載しました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は藤沢氏のnoteをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
藤沢 烈
一般社団法人RCF 代表理事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑