「小池知事を唯一、利用した男」こと音喜多も登場する『女帝 小池百合子』が15万部突破

2020年06月14日 11:30

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

土砂降りの週末になりましたが、昨日は大田区から都議会に挑戦する松田りゅうすけの決起集会。

都知事選出馬を表明している小野たいすけ氏も初めて壇上でマイクを握り、東京都政刷新への想いを熱く語りました。

https://twitter.com/Sunny_loves_me/status/1271640958044520448

選挙戦本番はまだスタートしていませんが、知名度・組織のない無名の新人にとって、政策を訴える「政治活動」期間にどこまで浸透できるかが勝負の分かれ目。

明日以降も北区・大田区を中心に、雨風の中でも活動を続けてまいります。

さて、睡眠時間を削って各種準備を進めている最中ですが、移動時間中にようやく話題の本を読み終わりました。

もちろんそれは「女帝 小池百合子」です。政治家を題材としたノンフィクションとして、異例の15万部突破のベストセラーを進撃中とのこと。

融通無碍に組む相手を変え、利用価値がなくなると容赦なく切り捨て、権力の階段を上り詰めていく。

特にキャスターから政界進出後のテンポは圧巻ですが、私としてはそんな小池百合子氏の人格が形成されたであろう、幼少期のエピソードの方が印象に残り、

「大変な想いをされた時期があったのだろうなあ…」

と感情移入(?)したりしました。なお、私は本書に名前が4回出てきますので、けっこうキーパーソン?!

そんな話を柳ヶ瀬さんと飯を食いながらしていたら、

「数々の権力者が小池に利用されてきた中で、おまえは唯一、小池百合子を利用してのし上がった男だな

と言われて目からウロコが落ちました。なるほど、そう言われてみればそうかもしれない。←

当時から勝ち馬に乗って逃げたと散々言われましたが(もちろん私としての言い分はあるけど)、結果として小池百合子氏という存在がなければ私は今の立場にはなっていなかったわけで、そういう意味ではある種の感謝をしています。

そして今、都知事選挙の対抗馬を盛り立てて、「現職圧勝」シナリオに一石を投じようとしている私は小池知事の目にどう映っているのか、はたまた眼中にまったくないのか。

いずれにしても、都知事選挙は政策勝負。小池知事の人柄や経歴はそれとして、政策実績や公約が広く都民に伝わることを期待し、我々も活動していきます。

あと小池知事、各種公開討論会には出席をお願いします!!

それでは、また明日。


編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会)のブログ2020年6月13日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
参議院議員(東京選挙区、日本維新の会)、地域政党あたらしい党代表

過去の記事

ページの先頭に戻る↑