(続報)池田信夫先生を中心にした周波数オークション導入のデモを - 多田光宏

前回の記事で池田信夫先生を中心にした周波数オークション導入のデモの提案を致しました。

その記事に対してソフトバンクモバイル副社長の松本徹三さんから反論のコメントがありました。その反論は周波数オークションに対して反対ありきで、そのための口実を並べているようにしか思えません。いずれにせよ携帯電話会社の経営者の方と周波数オークションについて客観的な議論ができるとは到底思えません。


さて前回の記事に対して池田先生からは一切返事は頂けませんでした。twitterやメールでも問い合わせましたが、同じく返事を頂いていません。デモなんかしても役人には効果がないと思われているのか、忙しくて対応して頂けないのか、私の意見が馬鹿馬鹿しいと思われたのか、そもそも記事自体を見られていないのかわかりませんが、とにかく残念で仕方ありません。このデモは池田先生ありきだと思います。池田先生不在で私がデモを行っても人数も集まりませんし、メディアにも取り上げてもらえませんし、説得力がありませんし、総務省の役人にも相手にされないでしょう。記事を書いた後、2人の方と山口巌さんに賛同を頂きましたが、申し訳ありませんが池田先生不在ではデモにならないと思います。

しかしデモという形でなくても、私一人でも電凸、総務省に抗議に行く、国会議員に直接お願いに行く(対応してもらえるかわかりませんが)、周波数オークションのことをわかりやすく短くまとめた資料作りなどできる事はやろうと思っています。万が一池田先生のお気持ちが変わってデモにご賛同頂けるようでしたら、私はいつでもデモはもちろん事務処理や経費負担に応じたいと思っています。そのために効果的なデモの詳細案についても考え中です。これらのことで報告できるほどのことができればまた記事を書きたいと思います。

最後に池田先生に質問がございます。フリージャーナリストの岩上安身氏がtwitterで「TPPの条文の中に周波数オークションが含まれている」というツイートがあったのですが本当なのでしょうか?

ネットで検索しましたがそれらしいソースは出て来ませんでした。私はTPPについても大賛成なのでTPPが締結できれば一石二鳥で大変結構だと思います。もしご存知でしたらご教示頂ければ幸いです。
(多田光宏 京都大学 技術職員  ブログ twitter

コメント

  1. 池田信夫 より:

    デモをおやりになるのは結構ですし、趣旨には賛成ですが、私は政治的行動には参加しないことにしているので、悪しからず。

  2. yamaguchiiwao より:

    《週刊東洋経済》2月19日号「テレビ新世紀」での池田信夫先生の記事が秀逸です。密室での電波帯域の恣意的な割当てが、結果、通信、放送の現状を大きく歪めていると思います。背骨の歪曲が、多臓器不全を起こしているようなものです。この件は、流石に指をくわえて傍観してはいけないなと考えてます。何処まで協力出来るか判りませんが、今後の多田様活動をアゴラ等でご開示戴ければ幸甚です。
    山口 巌

  3. 多田様の勇敢な提案に深く賛同いたします。わが国の全ての問題は帰するところ、電波の独占、新聞とテレビの同系列に、たどり着くのではないでしょうか。皆、社会に出るとなんとなくそれに気づいてきたが、誰も問題提起できませんでした。政治、経済だけでなく、独身者の増加や、うつ、ひきこもりの増加だって、根底はそこにあるような。そのことを、「電波利権」や「アゴラ」で、少なくともネット視聴者に知らしめてきた最大の功労者は池田先生だと思います。でも池田先生のスタンスが、上記である以上、意思のある方が動いていくしかありません。ただ、自分がどうしても納得できないのは記者クラブやメディア利権破壊に立ち上がっているのは、小沢支持のスタンスの方ばかりにみえます。なぜ、サイレントマジョリティーを代弁する自称保守派ジャーナリストは、反記者クラブの動きをしないのでしょうか?どなたか教えてくださいませんか。