具体性欠く「大規模PCR検査」に予算10億円承認しろの広島県は無茶すぎる

2021年02月04日 06:01

こんにちは、広島市議会議員(安佐南区、自由民主党)・むくぎ太一(椋木太一)です。

広島県による「80万人大規模PCR検査」に関し、広島県議会臨時会が2月3日開会しました。検査費用10億円を計上した今年度補正予算案を2日間の日程で審議します。

広島県議会サイトより

本日の本会議では、湯崎英彦知事による提案理由説明、各会派代表の質疑が行われ、大規模PCR検査の必要性や実効性への疑念、手法などへの疑問が相次ぎました。その後、協議の場を生活福祉保健委員会に移して審査が行われました。

本会議と同委員会をネット中継で見て、あまりにお粗末の一言につきます。「具体的な計画はこれから詰める。とにかく10億円承認してくれ」では議会は不要ですし、県民に説明がつきません。

以下、同委員会での象徴的なやり取りです。

議員)「大掛かりな検査となる。委員会でスキームなどの資料を示してくれれば、いろいろ議論ができる。資料を示してくれないのか」

県)「臨時会で予算の承認をいただけたら、さらに計画を詰めて、(検査実施開始と想定している)2月中旬に向けて議会に示したい」

議員)「では、この臨時会でスキームが示されるのか?」

県)「臨時会ではなく、次の機会に示したい」

私はネット中継で見ていたのですが、一瞬、何を言っているのか理解できませんでした。予算案を審査する委員会のやり取りではありえません。

各委員からは、この他、実施場所や自宅療養者への周知方法、隔離場所(主に宿泊施設)の確保状況、保健所を管轄する広島市との連携具合など、実施に向けた具体的策に関する質問が出ましたが、「これから詰める」「調整中」「模索中」などと明確な回答を避けた事例は、枚挙にいとまがありません。

一般企業においても、予算の承認を得るには綿密な事業計画が求められます。「新規事業をしたい。具体的にはあとで決める。まずは予算を認めてくれ」では、企画書は通るはずもありません。そもそも、企画書自体が議題に上りません。広島県は一体、どうなっているのでしょうか。どうせ承認してくれるだろうーー。そんな甘えがあるように思えて仕方ありません。

このほか、議会を軽視した動きがあります。予算が承認される前に、検査場の係員を、派遣という形で募集しているとみられるのです。1月28日からネット上に募集案内が掲載され、現在では案内終了となっています。案内には、時給1300円、検査場の最寄り駅・電停の記載もされていました。

ところで、「事業の具体性」について、興味深い話があります。広島市は、広島市中心部にJリーグ・サンフレッチェ広島の新しい本拠地となるスタジアムの建設計画を進めています。スタジアム建設や周辺整備など事業費総額270億円で、そのうち100億円を広島市と広島県が負担することとなっています。

ただ、100億円の配分比率は合意に至っていません。そのような中、湯崎知事は今年1月、スタジアム建設に関する費用を来年度当初予算案に計上しない方針を明らかにしました。その理由は、「(スタジアム周辺の)にぎわいづくりに具体策がなく、県議会に説明できない」としています。今年3月に企画提案型のプロポーザル方式で事業者の公募を始めるため、現段階で事業の具体性を求めることは「いちゃもん」に近いものがあります。

一方、「大規模PCR検査」は、予算審議・審査の段階に来てもなお、計画の具体性を欠くことが露呈しています。にぎわいづくりに具体策を欠くという理由でスタジアム建設関連費用を当初予算案に計上しないのであれば、大規模PCR検査も補正予算案に計上するべきではありません。実施計画が煮詰まっていない中、予算の承認を求めることは、明らかに自己矛盾に陥っているのです。

仮に予算を取った後は、保健所を管轄する広島市や検査の委託先などにほぼ<丸投げ>となるでしょう。そのせいで、国を挙げて、ワクチン接種に向けて準備を進めている中、広島市は実効性の期待できないこの「大規模PCR検査」に多大な労力を割かれてしまいます。

かたや、福岡市は先日、ワクチンの優先接種対象者に、警察官や教職員、介護職員といったエッセンシャルワーカーを加える独自方針を明らかにしています。これは、必要なワクチンがそれだけ増えることを意味し、基礎自治体間で限られたワクチンの”争奪戦”が起きることが想定されます。つまり、広島市は大規模PCR検査の影響により、ワクチン接種体制の確立に出遅れることになりかねないのです。

私は、広島市議会議員です。広島市や広島市民の「安全・安心」を守ることが責務であるからこそ、このような事態を避けるため、「大規模PCR検査」の撤回を主張し続けています。

広島県議会臨時会は2月4日、閉会します。どのような結果になるのか、過度な期待はしないでおきたいと思います。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
広島市議会議員(安佐南区)

過去の記事

ページの先頭に戻る↑