菅首相の「山田広報官隠し」ぶらさがり会見が大炎上

菅義偉首相が26日夜、首相官邸で記者団の取材に答える形で行った「ぶらさがり会見」は、記者からの集中砲火を浴び、苛立った菅首相の様子が、NHK「ニュース7」の冒頭で全国中継され、ネット上で「本性丸出し」「すごく感じが悪い」「不愉快な顔見ると飯がまずくなる」と大炎上した。

憮然とした表情の菅首相(2月26日、NHKニュースより)

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の一部解除決定されたにも関わらず、この日の記者会見を行わなかった理由について、菅首相は「最後までの状況を見極め、判断をした後に緊急事態の全体についてきちんと会見を行うべきだ」と説明。接待問題の渦中にある山田真貴子内閣広報官が司会進行役を務める記者会見を前日になってドタキャンし「山田隠し」をしたつもりが、逆に記者からその件をしつこく問われ、憮然とした態度を夕食時のお茶の間に晒すはめになった。

舛添要一前都知事は、「今夜の菅首相のぶら下がり会見は失敗だ」と断定。

前新潟県知事の米山隆一氏は、「部下に仕切って貰わなければ、冷静沈着に記者会見一つできない人」と、菅首相の対応のまずさを揶揄した。

コラムニストの小田嶋隆氏は、「会見っていうか、介護だよね、これ」とツッコミ。

一方、保坂展人世田谷区長は、「記者会見なるものが予定調和で質問を制限していたのかがよくわかった」とつぶやいた。

他にも、

「仕切り役の内閣広報官がいないぶら下がり取材。記者会見よりずっと緊迫感があって見応えがありました」
ぶら下がりは台本通りにできないので本性がみえてくる」

など、ぶら下がり会見の良さを指摘する声も多かった。