呪われたオリンピック?小山田圭吾氏のいじめ行為報道を考える

小山田圭吾氏は、東京オリンピック(五輪)開閉会式の音楽制作を担当しています。

7月14日の就任発表後に、過去の雑誌に掲載された「いじめ行為」が問題視されましたが、音楽の担当を続ける意向です。

五輪開会式の演出に「コーネリアス」小山田圭吾 案の定蒸し返された過去の〝いじめ自慢〟(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」開会式および閉会式のクリエイティブチームのメンバーが発表された。

小山田氏は謝罪文に

ご指摘頂いております通り、過去の雑誌インタビューにおきまして、学生時代のクラスメイトおよび近隣学校の障がいを持つ方々に対する心ない発言や行為を、当時、反省することなく語っていたことは事実であり、非難されることは当然であると真摯に受け止めております

と事実関係を認めたうえで、辞退する意向はないとのことです。

いつものポリコレ案件と思いきや、小山田氏の「いじめ行為」はかなり問題を含んでいるようです。

「全裸にしてグルグルにひもを巻いてオナニーさしてさ。ウンコを喰わしたりさ。喰わした上にバックドロップしたりさ」

「だけど僕が直接やるわけじゃないんだよ、僕はアイデアを提供するだけ(笑)」

「ロッキング・オン・ジャパン」1994年1月号

「みんなで脱がしてさ。(局部を)出すことなんて(Aさんにとって)別に何でもないことだからさ」「障害がある人とかって図書室にたまる」「きっと逃げ場所なんだけど」

「クイック・ジャパン」1995年8月号

当時も「大河内清輝くん自殺事件」が起こっており、障害者の人へのいじめは社会問題として注目されていました。

ネット上では、今回のオリンピックに相応しい人選というアイロニーが飛び交っています。

ひろゆき氏はたしかに悪いことだけれど、何度も蒸し返されることに疑問を呈しています。

東浩紀氏は、ネットリンチにたいする危機感を抱いています。

何度も蒸し返される小山田氏の発言に、そもそも選んだほうが悪いという意見は、傾聴に値します。

小山田氏というより、過去に掲載した雑誌が悪いという意見もあります。

また、過去のいじめによる女子バレー韓国代表の資格停止報道も記憶に新しいところです。

韓国でいじめ代表剥奪「過去の過ち」日本との違い - バレーボール : 日刊スポーツ
韓国バレーボール協会が15日、女子代表で双子姉妹の李在英(イ・ジェヨン=24)、李多英(イ・ダヨン=24)に対し、代表活動無期限禁止を発表した。学生時代にチー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

北海道旭川市で死亡しているのが見つかった女子中学生の事件でも、教育委員会は「いじめの疑いがある」と、文春などによる大々的な報道後もいじめは認めていません

北海道 旭川 死亡の女子中学生 道教委が「いじめの疑い」文書 | NHKニュース
【NHK】ことし3月、北海道旭川市で死亡しているのが見つかった女子中学生をめぐり、道の教育委員会がおととしの時点で「いじめの疑いが…

けれども、小山田氏の発言ははるか過去のことですし、刑事事件にもなっていないので、これらと比較するのはフェアではないかもしれません。

論点が複数にまたがり、もはや冷静な議論はできないと思いますが、オリンピック委員会には冷静な対応をしてもらいたいところです。