IOC、表彰台での30秒ノーマスク容認するも報道陣はとっくに三密状態

25日に国際オリンピック委員会(IOC)は、東京五輪の表彰式に関する新型コロナウイルス感染防止策の変更を発表しました。

メダリストが間隔を広げて表彰台に立っているときに、写真撮影のために最大30秒間のマスクをとることを認めたそうです。

IOC、表彰台で30秒ノーマスク容認(共同通信) - Yahoo!ニュース
 国際オリンピック委員会(IOC)は25日、東京五輪の表彰式に関する新型コロナウイルス感染防止策の変更を発表し、メダリストが間隔を広げて表彰台に立っている間は写真撮影のために最大30秒間マスクを外す

日本の金メダル第一号の高藤選手はマスクをされています。表彰台のソーシャルディスタンスも尋常ではありません。メダルもご自身でかけられていました。せっかくの晴れ舞台なのに。

彰台でのマスクの着用に違和感を感じている方は多いようです。

選手たちには厳しい感染症対策を要求していますが、報道陣はそんなことはお構いなしのようです。

ノーマスクは、IOCとしては英断だったかもしれませんが、アメリカでの低視聴率に危機感を抱いたのでしょうか。

選手とその関係者以外は、裏方としてがんばってほしいものです。

選手のみなさんのプレーはもちろん、その発言や立ち振る舞いほど私たちの心を揺さぶるものはありません。主役として堂々と喜びを表現してほしいものです。