原発処理水放出ストップ発言:立憲・共産の無責任体質を許すな

立憲民主党枝野代表が、福島第一原発処理水海洋放出に関して「政権とれば、一旦ストップ」と発言し物議を醸しています。

処理水放出「政権とれば、いったんストップ」 立憲・枝野代表:朝日新聞デジタル
■立憲民主党・枝野幸男代表(発言録) 今の政府は、あの大変な原発事故がなかったかのように原発を動かす。原発を造る。本当にいいのか。 汚染水や処理水の話は、どこかでなんとかしなきゃならない。「とりあえず…

また、共産党飯田みやこ氏が「汚染水」と風評被害を助長する言葉を連呼。

https://twitter.com/iidafamilyclub/status/1448592432577138688

 

これら一連の野党陣営の発言に、識者は無責任極まりないと怒り心頭です。

先月やっと、アメリカ政府が福島県をはじめとする日本の食品の輸入規制を撤廃したことに冷や水をかけかねません。

科学的安全性を全く無視し、政権批判のため、選挙のため、目先の集票のためだけのこれらの発言は極めて悪質です。立憲・共産陣営はこんな無責任な活動で、本当に国民の支持を得られると考えているのでしょうか?

日本の未来を決める衆議院選挙。投票日は31日です。日本の未来を考えてみなさん是非投票をお願いします。

福島第一原発処理水タンク群
東京電力HPより