懐かしのヒーローたちの動力源を検証。

過去の動画で鉄腕アトムの動力源が原子力から燃料電池に知らない間に変わってしまっていたことを紹介しました。

【ノギタ教授の軌跡-52】鉄腕アトムの心臓は原子力(核融合)?

実は鉄腕アトムを作った天馬博士は、1966年生まれ(丙午生まれ)で、僕と同年なのです。高校生の頃、鉄腕アトムを読んで、原子力で人類のエネルギー問題を解決しようと心に決めて、九州大学工学部応用原子核工学科に進学した僕としては、この最近の鉄腕アトムの原動力の変更は、あまりにもショックでした。なんだか梯子を外された気分です。

僕と同じように幼少の頃のヒーローに憧れて現在研究者や科学者になって、世界の科学技術をリードされている方々も多いと思います。つまり、ヒーローたちの動力源はその後の科学技術の発展に大きく影響を及ぼすということです。

そこで、今回の動画では、懐かしいヒーローたちの動力源がなんであったのか、検証してみたいと思います。

動画のノギタ教授は、豪州クイーンズランド大学・機械鉱山工学部内の日本スペリア電子材料製造研究センター(NS CMEM)で教授・センター長を務めています。

鉄腕アトム プロローグ集成 (立東舎)クリックするとリンクに飛びます。(編集部)