「徴用」問題で韓国最高裁が三菱重工の韓国内資産差し押さえを決定

太平洋戦時下の「徴用」をめぐる問題で、三菱重工業に元女子勤労挺身(ていしん)隊員らへの賠償を命じた判決をめぐり、韓国内資産の差し押さえを不服とした同社の再抗告を最高裁である韓国大法院が棄却しました。

「徴用」問題 三菱重工の“再抗告”退ける 3例目 韓国 最高裁 | NHKニュース
【NHK】太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、韓国の最高裁判所は賠償を命じられた三菱重工業が資産差し押さえを不服として行った「再…

差し押さえに対する「再抗告」が退けられたのはこれで3例目になります。三菱重工  の韓国国内に持つ特許権と商標権が差し押さえられ、これらの資産が売却に向け手続きが進んでいます。

この賠償請求の危険性はかなり以前から指摘されていました。

日韓関係への悪影響を懸念する声も多く聞かれます。

また、昨年12月末には、日本製鉄への賠償を命じた判決で、大邱地裁浦項支部が、同社所有の韓国内の株式について売却命令を出していました。

「徴用」問題 韓国の地裁 日本製鉄が持つ株式売却認める決定 | NHKニュース
【NHK】太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、韓国の地方裁判所は、賠償を命じられた日本製鉄が韓国国内に持つ株式の売却を認める決定…

日本政府は、これらの司法手続きは国際法違反だとして、韓国政府に是正を求めています。今後、日本企業は韓国国内でビジネスを続けられるのでしょうか。

三菱重工業 SuS_878/iStock