ウクライナ最大の原子力発電所で発生した火災は鎮火した模様

ウクライナ国家緊急事態局が4日朝発表した声明によると、ウクライナ最大の原子力発電所であるザポロジエ原子力発電所の火災は鎮火したとのことです。同原子力発電所はウクライナ最大の原子炉で、ウクライナにある15基の原子炉のうち6基が設置されています。

Zaporizhzhia nuclear power plant fire extinguished
The fire at the Zaporizhzhia nuclear power plant has been put out, according to a statement from the Ukrainian State Emergency Service on Friday. 

ウクライナ当局によると、現地時間の4日午前2時過ぎに、ウクライナ南東部のエネルゴダールにあるザポロジエ原子力発電所で火災が発生しました。午前6時20分に鎮火しました。今のところ死者や負傷者は報告されていません。また、現在は、同地域での戦闘は停止しているとのことです。

火災の様子と思われる画像 ゼレンスキー大統領Facebookより

ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアが故意に攻撃したと非難し、ヨーロッパ各国の指導者たちに核による災害となる前にロシア軍を止めるように行動を促しました。

Терміново! - Володимир Зеленський
Терміново!

詳細な状況はまだわかっていませんが、原子力発電所は重大な被害を受けていないと、施設の担当者は述べています。また、放射能レベルは今のところ正常であるとのことです。

ロシアの意図はどこにあるのでしょうか。

もはや意図などないという恐ろしい指摘も。

発電所が占拠されたという報道もあります。

今後も予断を許しません。