ロシア政府の入国禁止リストに入った人の怒りと「落選」した人の嘆き

ロシア外務省は、岸田文雄首相をはじめとする政治家や学者、メディア関係者といった計63人のロシアへの入国を無期限で禁止すると発表しました。ロシアへのウクライナ侵攻への制裁への報復です。

日本人63人の入国禁止 岸田首相や報道幹部ら対象―ロシア:時事ドットコム
ロシア外務省は4日、ウクライナ侵攻を受けて日本政府が発動した対ロシア制裁への報復措置として、岸田文雄首相ら日本人63人のロシア入国禁止を発表した。期間は無期限。

ロシア外務省が発表しました。

スターリン様式のロシア外務省 Wikipediaより

高市早苗氏は選ばれましたが、喧嘩上等のようです。

研究者で選ばれた人もいますが、とくに困らないし変わらないそうです。

常々ロシアや中国の批判をしている日本の共産党の代表である志位和夫氏もリストに入りました。ロシアへの厳しい姿勢が評価されたようです。立憲代表の‎泉健太氏は落選してしまいました。

むしろリストに入っていないと嘆く人のほうが多いようです。

選定基準が謎だという指摘もあります。

逆にリストの選定基準が分かりやすいとの評価も多いです。

https://twitter.com/HatoriDaisuke/status/1521818134725881856

このリストから落選してしまった人たちは逆に残念なかんじがあります。

専門家からは人選が絶妙だという指摘もあります。

また、岸田首相の毅然とした対露姿勢が「評価」されたという見方もあります。

また、このリストに載る研究者は信頼できるかもという指摘も。

安倍晋三元首相がリストに入っていないことで交渉の余地を残したという見方が多いようです。また、露出の多い鈴木宗男議員、鈴木貴子議員、橋下徹氏などは入っていません。

この措置に影響力はあるのか。今後の成り行きが見守られます。