国連科学委員会報告書:放射線被曝を原因とする健康被害は認められない

「原子放射線の影響に関する国連科学委員会」のメンバーが、日本記者クラブで記者会見しました。国連科学委前議長のギリアン・ハース氏らは、東京電力福島第一原子力発電所事故について「放射線被曝(ひばく)を原因とする健康被害は認められない」とする500本超の論文や調査をもとにした報告書を紹介しました。

国連科学委、福島第一原発事故での「放射線被曝を原因とする健康被害は認められない」
「原子放射線の影響に関する国連科学委員会」のメンバーらが19日、日本記者クラブで記者会見し、東京電力福島第一原子力発電所事故について「放射線 被曝 ( ひばく ) を原因とする健康被害は認められない」とする解析結果を紹

そして、解析の上では「放射線被ばくが直接影響した健康被害はない」との見解を再度示しました。

読売新聞以外のマスコミもこの報告を報道すべきです。

マスコミはこの科学的コンセンサスをしっかりと見据えるべきです。

科学的な根拠のないまま不安を煽り続ける人達こそが風評被害を作っています。恐怖で人を動かすことは、科学的根拠で行動を促すより容易いのです。

地道な努力を続けて風評加害者と対峙するしかありません。

福島県の人びとは、いまだに風評被害に苦しんでおられます。

この国連科学委員会の報告書は、去年発表されたもので、国連は一貫して「福島で健康被害はない」と報告しています。TBSはその報告を無視して「原発事故と甲状腺がん」の番組を放送しました。

しかし、活動家には届かないでしょう。

報道してるのは読売と時事通信だけのようです。この報告を黙殺してしまうマスメディアに深い闇を感じます。