自民党「統一教会と一切関係もたない」ことを基本方針として正式決定

アゴラ編集部

自民党は31日の役員会で、党所属国会議員に対し、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係を絶つという基本方針を確認しました。これを受けて、茂木幹事長は「今後、関係を絶てない議員については同じ党で活動できない」とまで述べ、関係を絶てない議員は離党させる可能性も示唆しました。

旧統一教会との絶縁徹底 自民が基本方針確認:時事ドットコム
自民党は31日の役員会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係を絶つよう、党所属国会議員に徹底するとした基本方針を確認した。同党は組織ぐるみの関係を否定し、議員が個別に点検して関係を適正化するよう指示していたが、世論の批判が収まらないことから、厳しい態度で臨む決意を示した格好だ。

岸田首相も、自民党総裁として「旧統一教会との関係を断つ」ことを党所属国会議員に求めました。

茂木幹事長 自民党HPより

自民党自身が自民党内の政争の具にしてしまっているという指摘もあります。

自民党の方針には、いろいろと矛盾が出てきてしまいます。

日本は法よりも空気で動いてしまっているという厳しい指摘も。

やはりメインの支持者への対応をしたということなのでしょうか。

立憲民主党など他の野党の対応も注目されます。

所沢市長は自民・公明の推薦を受けてはいましたが、無所属です。

このままどこまで延焼するのか、予断を許しません。