ひろゆきの「胃ろうに保険適用するな」に「優生思想だ」と大反発

毎度お騒がせのひろゆきですが、今回は終末医療の話題です。

これには大反発が噴出。

医療現場からは賛成論も。

終末医療の保険適用は昔から議論になっている問題ですが、無条件に適用されるわけではありません。人工透析については騒ぎもありました。

これに「優生思想」という話がからんで、おなじみの界隈に騒ぎは拡大。

コロナでも膨大な医療費の無駄が発生しましたが、老人医療の窓口負担などとからんで、終末医療の負担は政治が向き合うべき問題だと思います。