日本にベンチャーが少ない理由 - 『起業のファイナンス』

2010年10月03日 13:45

★★★★☆

起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと
著者:磯崎 哲也
日本実業出版社(2010-09-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


長期不況の原因は単純ではないが、その一つは新しいビジネスを開拓する企業が出てこないことだ。これを「ベンチャー」とか「イノベーション」といったカタカナで語るとリアリティがないが、要は企業の新陳代謝である。日本の起業は先進国でも異例なほど少なく、それが大企業に成長したケースはさらに少ない。それはなぜだろうか?

著者もいうように、その原因はファイナンスではない。日本は超低金利が10年以上続き、市場には資金がダブついている。これ以上、日銀が量的緩和をしても、あふれているバケツに水を注ぐようなものだ。問題はそのバケツ――投資意欲――を大きくすることである。これを著者はケインズにならってアニマル・スピリッツと呼ぶ。それは金もうけの欲望ではなく、新しい事業を成功させたいとか世界を変えたいとかいう「おもしろさ」がいちばん大事だ。

もう一つは、人である。日本の大企業は給料も社会的地位も高く、いったん入れば40年間の雇用が保障されるので、若者がこういうローリスク・ハイリターンの職場を選ぶのは当たり前だ。しかし入ってみると、仕事はつまらないし上司はバカだし、いい仕事をしても何もしなくても給料は同じだ・・・というわけで会社を脱出しようとすると、そこには断崖絶壁のような「退出障壁」がある。ほとんどの人はそこで引き返し、「消化試合」をこなしながらサラリーマン人生を終える。

日本人にアニマル・スピリッツがないわけではない。終戦直後、ホンダやソニーを生んだころの日本は、世界一起業家精神の高い国だった。それが成熟し、系列化されることによって中小企業がベンチャーではなく下請けになり、硬直的な雇用慣行によって優秀な人材が墓場のような大企業にロックインされてきたことが、新陳代謝の減った原因である。

これを是正するには、リスクテイクを支援するしくみが必要だ。その一つの手段がファイナンスの多様化である。日本では、株式ベースの資金調達があまり発達していないため、ハイリスクの起業がしにくい。そういう経験もあまりないので、ノウハウが蓄積されない。このため資金は余っているのに、ベンチャーキャピタルがあまり出てこない・・・という悪循環に入ってしまう。

本書は多くのベンチャーの立ち上げにかかわってきた著者が、アゴラ連続セミナーなどの内容をやさしくまとめたもので、起業だけではなく「株式ベースのファイナンスの入門書」ともいえる。起業する人だけでなく、日本経済を考える政策担当者やイノベーションを考える大企業のサラリーマンにも読んでほしい。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
池田 信夫
アゴラ研究所所長 SBI大学院大学客員教授 学術博士(慶應義塾大学)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑