円安で株価が上昇しなくなった

2011年04月07日 01:14

円が売られている。今日のドル円相場は1ドル85円以上で取引されている。一方で日経平均株価は下落した。実態はどうであれ、トヨタ自動車やキャノン、ソニーのような輸出産業に経済が牽引されていると信じられている日本は、円安になれば株価が上がり、円高になれば株価が下がる、ということを繰り返してきた。日経平均株価とドル円レートはきれいな逆相関を描いていたのである。しかし311以降、この関係が崩れ始め、今日はまさに逆になった。つまり円が売られドルやユーロに対して安くなり、同時に日本株も売られ安くなったのである。

日経平均とドル円の推移
出所:Yahoo!ファイナンス等から筆者作成


311以降の日本経済は供給側が制約になりつつある。首都圏の電力不足により多くの工場が稼働をストップさせている。もちろん地震や津波で直接の被害を受けた北関東・東北地方の工場もまだ回復していない。自動車産業をはじめ、日本の製造業は複雑なサプライチェーンに依存しており、ひとつの部品の供給がなくなれば工程全体を止めざるをえなくなる。それゆえに円安になったからといって、日本の輸出産業が儲けることもできなくなった。

最近でこそ首都圏のコンビニやスーパーにもさまざまな物資が供給され始めたが、依然としてミネラル・ウォーターやヨーグルト、卵、牛乳などは不足しているし、トイレットペーパーも買えない。インターネットの通販でもミネラル・ウォーターなどは非常に高価なもの以外は全て売り切れている。今にもインフレが始まりそうな雰囲気である。

また20兆円を上回るという復興費を、国債の日銀直接引き受けでファイナンスしようという話も国会議員の中からではじめている。今、世界の投資家は日本国政府の財政規律を疑い始めているのかもしれない。ちょうど世界のメディアが福島第一原発の事故に関する東京電力と政府からの情報を疑っているように。

今日、日本株と為替の相関が完全に逆になった。これが、信用のみで成り立つ日本の金融システムがメルトダウンに向かって転がりはじめるターニングポイントでなければいいのだが・・・

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑