なんのために生まれて、なにをして生きるのか

2013年10月17日 22:13

なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられない なんて
そんなのは いやだ

おなじみ、アンパンマンの主題歌の歌詞です。先日、アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんが亡くなられ、この歌詞を反芻しています。


何の為に生まれて、何をして生きるのか?

難しい問いですね。2年前に長男がアンパンマンにはまり、そのときに東日本大震災が起き、やはりこの歌詞を反芻しました。多くの被災者を勇気付け、ラジオの臨時災害放送でもたくさん流されたそうですし、糸井重里さんも311でアンパンマンのマーチの言葉の力に圧倒され、二人の対談が実現し、雑誌ユリイカの増刊号にもなっていますね。それからしばらくして我が家ではブームが去ったのですが、二番目の娘がまたアンパンマンにはまり、今は第二次ブームを迎えています。



アンパンマンの映画に、まさに「なんのために生まれて、なにをして生きるのか」という歌をテーマにした「いのちの星のドーリィ」というのがあります。ちょうど、Yahoo個人で心理学者の碓井真史教授がそのストーリーを書いているので詳細は省きますが、作中でアンパンマンなりの答えが語られます。

「困っている人を助けたとき、心があたたかくなって、その時わかったんだ。僕が何のために生まれてきたのか。何をして生きていくのか、何が僕の幸せか」

このあと劇中では、アンパンマンは自らのいのちをかけて、このことを証明するわけですが、不覚にも涙を抑えることができないくらい感じさせられるものがありました。



自らの顔を犠牲にして空腹の人たちを助けようとするアンパンマンを、やなせさんが描く強い動機はご自身の戦争体験だということは有名です。そして、弟さんは特攻隊員として戦死されています。アンパンマンのモデルはこの弟さんであるとも想像できますし、あるいは、イエス・キリストのようでもあるとも思えます。

別のところでは、ジャムおじさんも「なんのために生きるのか」という、この問いに答えていると思われる回があります。「食べてくれる人が笑顔になるために、パンをつくることが私の生き方なんだ。」と嬉しそうに語っていました。ジャムおじさんのそういった生き方が、きっと被造物であるアンパンマンにも引き継がれたのかもしれません。

なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか

なにが君の しあわせ
なにをして よろこぶ

シンプルに問い直してみたとき、はっとさせられるものがあります。
アンパンマンのもう一人の生みの親である、やなせたかしさんは、みたひとが笑顔になるために、ペンを走らせることが彼の生き方であり、喜びだったのだと想像します。
我が家ではたくさんの笑顔をもらいました。ありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。

学びのエバンジェリスト
本山勝寛
http://d.hatena.ne.jp/theternal/
「学びの革命」をテーマに著作多数。国内外で社会変革を手掛けるアジア最大級のNGO日本財団で国際協力に従事、世界中を駆け回っている。ハーバード大学院国際教育政策専攻修士過程修了、東京大学工学部システム創成学科卒。1男2女のイクメン父として、独自の子育て論も展開。アゴラ/BLOGOSブロガー(月間20万PV)。著書『16倍速勉強法』『16倍速仕事術』(光文社)、『マンガ勉強法』(ソフトバンク)、『YouTube英語勉強法』(サンマーク出版)、『お金がなくても東大合格、英語がダメでもハーバード留学、僕の独学戦記』(ダイヤモンド社)など。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑