2015年ワースト映画:外国映画・日本映画 --- 渡 まち子

2016年01月06日 06:00

a8882eb4a4ede1301131a63e6c5ffab5_s
▲2015年の“ワースト”はアノ作品!?…(アゴラ編集部)

実はベスト・ムービーより気合が入るのがワースト・ムービー選び。振り返ってみると、まぁ、例年のことながら、充実していることよ…(汗)。正直、言いたいことがありすぎて、的(まと)が絞りきれません。それなのに、ここに上がってくる作品数が少ない理由は、ある程度、メジャーな映画にしぼっているから。だって、いつ公開されたかさえ知られてないような、小さな作品に文句や悪口言っても張り合いがありませんものねぇ…(苦笑)。
外国映画、日本映画、いっきにいきます!

◆ワースト・ムービー:外国映画部門

【1位】「ジュピター
【2位】「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」
【3位】「踊るアイラブユー♪」

(以下順不同)
「死霊高校」「カイト/KITE」「ファンタスティック・フォー」「アニー」「レフト・ビハインド」

ウォシャウスキー姉弟監督による「ジュピター」は、「マトリックス」の劣化版のような内容でガッカリ。自らの傑作「マトリックス」の呪縛なのか…と思うと、ますます哀れを誘います。セクシーと評判の「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」は、いまさら感満載のソフトSMエロティック・ムービーだし、英国版ミュージカルの「踊るアイラブユー♪」は、いくらなんでもダサすぎでしょ!

◆ワースト・ムービー:日本映画部門

【1位】「ギャラクシー街道
【2位】「王妃の館」
【3位】「ストレイヤーズ・クロニクル」

(以下順不同)
「みんな!エスパーだよ!」「エイプリルフールズ」「恋するヴァンパイア」

もうダントツ!他の追随を許さない!ガッカリ度MAX!ってことで、迷わず「ギャラクシー街道」がワースト・ワン。きっと三谷監督ご自身も失敗したのはわかっているはず。この人の才能を知っているだけに、ファンの期待を裏切った罪は大きい。次回作で挽回していくれなきゃ許しませんから!

めんどくさいのであげてませんが、青春胸キュンムービーと称する一連の映画(「ストロボ・エッジ」「ヒロイン失格」「orange オレンジ」etc.)などのマンネリ感も気になります。

あ~、思い出したくない…、っていうか、完全に忘れている作品もあって、思わず、これどんな内容だったっけ…と調べなおしたり。これって、特に外国映画に関しては、邦題のつけ方にも問題がある気がしますね(本国からの要請など、いろいろルールやしばりがあるのはわかりますが…)。


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2016年1月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑