宝くじに当選しなくても大丈夫!簡単に稼げるマル秘術 --- 安田 佐和子

2016年01月19日 06:00

yasuda0118

全米で当選額16億ドル(約1870億円)という、夢の宝くじパワーボウルが大旋風を巻き起こしましたよね。当選者は3組で、1組はテネシー州在住のロビンソンズ夫妻。フロリダ州とカリフォルニア州の当選者と3等分する予定とはいえ、一夜にしてビリオネアの仲間入りを果たす予定です。過去の例を踏まえると受取額は半分近く減少してしまうとはいえ、笑いが止まらないでしょうね~。

史上最高額の当選額をめぐり、財産を失った方もいます。シナモン・ニコールさんは、パワーボウルを有り金全てを投げ打ったものの2億9200万分の1の確率に完全敗北。一切合切を失ったんですって。

その彼女が、一計を案じ新たな賭けに打ってでました。その先こそ・・・GoFundMe(ゴー・ファンド・ミー)、その名もズバリ「私を支援して」。呼びかけた額は10万ドル(1170万円)もの大金で財産を取り戻すだけでなく、もう一度パワーボウルに挑戦することが狙いなんですって!立ち直りが早いといいますか、面の皮が厚いといいますか・・・。ちなみにニコールさん、運命の悪戯かパワーボウル当選者と同じテネシー州の住人でした。

ゴー・ファンド・ミーのカラクリは、至って簡単。お金が欲しい理由と目標額を同サイトに掲載し、あとはお金が集まるのを待つだけ。キックスターターはベンチャー企業や新人アーティストが新商品や作品を世に送り出すため資金を募るプラットフォームでしたが、ゴー・ファンド・ミーはクラウド・ファンディングという名の打ち出の小槌なのです。

かつてはリアリティ・ショーで人気を博したベトナム系アメリカ人、ティラ・テキーラもゴー・ファンド・ミーに登場。シングル・マザーになったティラ、一人娘を抱いた写真をアップロードし「家賃が4500ドル(約53万円)に引き上げられたので新しいアパートに引っ越したの。今の家は家具付きじゃないから一から揃えるのにお金が必要で・・。父親のサポートなしに1人の所得で生活するのは難しいわ」と窮状を訴えます。目標額は2500ドル(約30万円)のところ、7日間で106人が寄付し5161ドル(約60万円)集まりました。目標額の2倍に達した上にメディアにも取り上げられ、ティラの作戦勝ちといったところです。

家賃4500ドルなのに2500ドルという目標額・・ナゾです。
tila-e1453122760662
(出所:GoFundMe)

その他ゴー・ファンド・ミーでは「治療費求む」、「家が火事で全焼した」、「葬儀費用を捻出したい」などなどの理由を掲げ多くの方々が支援を求めています。手軽に資金調達が可能なこのクラウド・ファンディング、2016年版ゴールド・ラッシュとして歴史に名を刻むことになる?

(カバー写真:Chris Winters/Flickr)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2016年1月18日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑