NY市長のロンドン出張経費を調べてみた --- 天野 貴昭

2016年04月10日 06:00

舛添都知事の欧州(パリ〜ロンドン)の出張費が高すぎると物議を醸している様なので、東京都の姉妹都市であるニューヨーク市長がロンドンに出張時に要する経費内訳を調べていたところ、なかなか味わい深いお話を伺えました。

ブルームバーグ前ニューヨーク市長がロンドンに出張する際の現地宿泊施設はロンドンの私邸(※2500万ドルでご購入)か高級ホテルとして有名なフォーシーズンズホテル。出張時に用いる移動手段は(ワインと寿司を満載した)プライベートジェットだそうです。

といっても、これらの経費は全てブルームバーグ氏の私費で賄われています。これは単純な必要経費だけではなくて、例えば帯同スタッフがホテル宿泊時に利用した服の洗濯代までブルームバーグ氏から捻出されていたそうです。殆ど全てが私費なので具体的な金額は公表されていませんが、これらと同等の待遇を望めば、軽く50〜60万ドル…5000万円程度かかってもおかしくはないでしょう。

海外出張でこういった風景を見た日本の関係職員らが「我々もあの様な待遇を受けたい」と羨ましがるのも、また部下らの期待に応えるべく首長が奔走する姿も想像に易いのであります。

「東京の顔ともいうべき知事が海外で恥をかく事は忍びならない」「都知事と近いお付き合いが出来れば、私も贅沢な経験が出来るかもしれない」…まぁ、どうお考えになるかは全て有権者たる東京都民が決める事でしょう

僕としては、短期間の見栄のために税を投入されたくないです。また、ここまでの富豪が存在する超格差社会アメリカの現状をちょっと怖いとも思っていますので、僕の住む自治体首長には、むしろ慎ましやかな海外出張を誇りになさる方に就任して欲しいと願っています。

人には様々な考え方があります。僕の正当性を皆さんに押し付けるつもりはありません。

ただ、当たり前ながら、人は知らない事を判断する事は出来ません。従って、来月に行かれるアメリカ出張に関しましては、是非参加される関係者の一覧(現地スタッフ、添乗者も含む)と、予算の概算について事前に公開して欲しいのであります。

情報さえ揃っていれば、後の判断は有権者各々がすれば良いことでしょう。

皆さんは、どう考えますか?

天野貴昭
トータルトレーニング&コンディショニングラボ/エアグランド代表

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑